【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » 水道管の凍結トラブル!対処の仕方は?

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管の凍結トラブル!対処の仕方は?

2021年08月28日 水道管の凍結


冬場の水道管凍結に注意

寒冷地にお住まいの方であれば身近な水道管の凍結トラブルですが、比較的暖かい地域に住んでいるという方は聞いたこともないという場合がほとんどです。寒冷地に引っ越して初めての冬など、突然水道管が凍り付いてしまう事態に遭遇すると、どうしたらいいかわからずにパニックに陥ってしまうことも考えられます。

また、近年は異常気象に見舞われることも多く、温暖な地域でも寒波に襲われることが少なくありません。水道管は凍結するだけならば被害は少ないのですが、万が一破裂してしまうと水道代も修理費用もかさんでしまうものです。水道の凍結に間違った対処をしてしまったがために、蛇口や水道管を破損させてしまったという事態も起こりかねません。今回の記事では、水道管の凍結トラブルに遭遇したときの正しい対処法や、予防方法を解説します。

水道凍結はマイナス4℃が目安

水道管が凍る外気温の目安は、マイナス4℃と言われています。マイナス4℃を下回らなければ安全かと言うとそうではありません。たとえば建物の陰に隠れてしまう場所や風の当たる場所に設置されている水道管などは、気温がそれほど低くなくても凍ってしまうことがあります。

また、真冬日が数日続いた場合や、旅行や帰省などで不在にしていて水道をまったく使わない日が続いた場合も凍結のリスクが高くなります。年末年始などで凍結対策をせずに実家に帰省し、戻ってきたら家じゅうが水浸しになっていたというケースも実際に起こりますので注意が必要です。

凍結対策はどう行う?

水道管が屋内にあるのか、屋外の地面より上にあるのかで取るべき対策が変わってきます。ここでは、状況別に対処の方法をご紹介します。

・断熱テープを使う例
室外にある水道管は凍りやすいです。とくに地表に出ているものは風の影響を受けやすいため、保温をしないとすぐに凍ってしまいます。水道管の保温には断熱テープなどの製品が最適です。

毎年決まって寒くなる寒冷地などでは、断熱テープを巻きっぱなしにしてあるという家庭がほとんどですが、一つ注意点があります。断熱テープは劣化することによって、途中で剥がれてしまい、テープが切れて配管がむき出しになることがあります。このテープの切れ目や剥がれた部分から水道管が凍ってしまうことがありますので、断熱テープは定期的に確認をするようにしてください。

・タオルや緩衝材なども有効
断熱テープがない場合は、不要になったタオルやマフラー、帽子などを水道管や蛇口に巻き付けるだけでも効果はあります。また、引っ越しや荷物の梱包に使用されるプチプチと呼ばれる緩衝材も、空気の層ができることで水道管を保温してくれます。この他、発泡スチロールで覆う、寒波が来るときだけ使い捨てカイロを巻くなどの対策も効果的です。断熱テープを含め、どの対策も決して水道管が凍らなくなるというわけではありませんのでご注意ください。

・水を出しっぱなしにする方法
屋内、屋外のどちらにも有効なのが、この水を出しっぱなしにする方法です。
鉛筆の芯ほどの太さで水を出し続けることで、水道管が完全に凍ってしまうのを防止する効果があります。

・水抜き栓を使用する方法
こちらも屋内、屋外の蛇口に効果的な方法です。寒冷地の場合は水抜き栓が設置されている場合がほとんどです。長期間不在にする場合など、水道管の中の水を抜いてしまうことで凍結を防げます。水抜きの仕方についてはメーカーによって方法が異なりますので、説明書の手順に従って行ってください。

・室内の保温のポイントは間取り
リビングなど、人が多くいる場所は室温が高いため、特別な対処をしなくても水道管が凍ってしまうことは滅多にありません。注意しなくてはいけないのが、トイレやお風呂場などがリビングから離れた間取りになっている場合です。室温が下がりやすいトイレやお風呂場などは、個別に小型ヒーターを設置するなどの対策をすることで凍結を防げます。

水道管が凍ってしまったら?

万が一水道管が凍り付いて水が出ないという事態に遭遇したら、慌てずに行動する必要があります。まず、水道管に破損箇所がないかどうか確認してください。破損があった場合はすぐに修理業者に依頼をしなくてはなりません。

破損がなく、水が出ないだけであれば氷を溶かせば問題ありません。氷を溶かす際は、凍結部分にタオルなどを巻き、ゆっくりと50℃ほどのぬるま湯をかけてください。このとき、慌てて熱湯をかけてしまうと急激な温度変化で水道管や蛇口が破損してしまうことがあります。使い捨てカイロの使用や、屋内などのコンセントが近くにある場合は、ドライヤーを使用する方法も有効です。

水道管破裂の際はすぐに専門業者へ

水道管が破裂してしまった場合は、すぐに修理業者にご連絡ください。くまもと水道職人は水道局指定工事店です。水道管の破裂のほか、トイレ、キッチン、お風呂場などさまざまな水回りのトラブルをプロのスタッフが解決します。熊本市をはじめ、荒尾市、天草市、阿蘇市、上益城郡益城町など県内の各エリアに出張し、迅速に対応いたします。お困りの際は、ぜひくまもと水道職人にご相談ください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315