【水道局指定工事店】熊本のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » お風呂の水漏れトラブルが起こったらやるべきこと

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の水漏れトラブルが起こったらやるべきこと

2021年12月08日 浴室のメンテナンス


お風呂は基本的に毎日使う場所ですから、トラブルが起きてしまっては大変です。万一お風呂の水漏れが起こったら、できるだけ早く解決したいものです。

この記事では、お風呂の水漏れの原因や対処法について解説します。いざという時のために備えておきましょう。

お風呂の水漏れ原因として考えられること


お風呂の水漏れはさまざまな原因が考えられます。1つ目は、浴槽が原因となることがあります。しかし浴槽といっても、「水漏れがどこから起こっているか」はどうやって特定できるのでしょうか。

この場合、水位や水の流れで特定していきます。浴槽に水を張ったとしても、一定の水位から増えなくなる場合、その水位が関係して浴槽にヒビが入っていることが考えられるでしょう。また、水が全く溜まっていかない場合は、排水栓や排水口のトラブルだと思われます。

さらに、給湯器のトラブルで浴槽から水漏れが起きることも考えられます。この場合、水が給湯穴付近に引き寄せられることでしょう。

2つ目は、床下や壁です。お風呂の水漏れが、床下や壁を原因として起こっている場合、経年劣化や、配管・パイプの破損が原因だと考えられます。この場合は、すぐに業者に連絡して下さい。

3つ目は、給湯器です。特に、お風呂場に取り付けるタイプの給湯器は、水漏れを起こすことが多い傾向にあります。給湯ホースの亀裂やパッキンの劣化、接続の緩みなどが原因として挙げられます。

4つ目は、蛇口です。蛇口は、水漏れを起こしやすいパーツです。他のケースに比べると発見しやすく、部品交換してすぐ解決できる場合が多いでしょう。

5つ目は、シャワーヘッド・ホースです。パッキンの劣化や破損が原因で水漏れを起こすことがあります。蛇口同様、交換や修理で解決できるでしょう。

6つ目は、換気扇です。換気扇の内部に、お風呂からの蒸気が溜まり、その蒸気が滴ることがあります。

お風呂の水漏れトラブルが起こったらやるべきこと


お風呂の水漏れトラブルの原因は実にさまざま。そのため、自分で対処するのも限界があります。お風呂の水漏れの原因がはっきり分かっていて、パッキンなど部品交換で修理が済む場合のみ、自分で対処しましょう。

また、お風呂の水漏れトラブルが分かっても、対処するためには部品や道具を揃える必要があります。下手に自分で動いてしまい、失敗してしまう場合や、ますます悪化させてしまうこともあるかもしれません。

かえって悪化させてしまい、余計に修理費用がかかってしまうケースも少なくありません。これらを踏まえて、「自分では対処が難しい」と感じたらすぐに業者に連絡しましょう。

また、お風呂の水漏れが自分で対処できる場合だったとしても、早くなんとかしてほしい場合や、しっかりした修理をしてほしい場合などは、プロの業者に相談することをおすすめします。

加えて、アパートやマンションに住んでいる人は、少し状況が異なります。水漏れが分かったらすぐに止水栓を止め、その状況を管理会社や大家に伝えましょう。他の住民に対して被害が広がらないように、細心の注意を払う必要があります。

お風呂の水漏れトラブルを予防するためには?


できるだけお風呂の水漏れトラブルを起こさないよう、毎日の生活で予防していくことも大切です。

まず、お風呂の普段の使い方に気をつけましょう。お湯を張る際には、湯船から溢れないようにし、排水口に石鹸や髪の毛が詰まらないよう掃除を行うようにしましょう。また、蛇口の締め過ぎに注意して使うことでパッキンの劣化・破損を防ぐことにもつながります。

さらに、浴室のこまめな換気を心がけることや、タイル掃除をこまめにしておきましょう。普段の生活の中で、お風呂の水回りに少し気を使うだけで、水漏れの予防になります。時間を見つけて少しでも実践してみてください。

次に、定期的なメンテナンスを行うことも大切です。お風呂の定期的なメンテナンスを行って、蛇口のパッキンや浴槽の劣化を確認しておくことで、お風呂の水漏れを未然に防げるでしょう。

長期間使用しているものがあれば、早めに確認して交換や修理を行うことをおすすめします。給湯器なども、使用してから一度も点検をしたことがないのであれな、不具合が起こる前に業者に依頼して見てもらいましょう。

ちなみに、業者の中には、お風呂場のハウスクリーニングを行なっているところもあります。自分では落としにくい汚れがある場合などは、業者に依頼してクリーニングとメンテナンスをあわせて行なってもらうのもよいでしょう。そうすることで、お風呂のトラブルが大きくなる前に対処することが可能です。

まとめ


お風呂の水漏れの原因は様さまざまです。お風呂の水漏れの原因がはっきり分かっていて、パッキンなど部品交換で修理が済む場合のみ、自分で対処するようにしましょう。

お風呂の掃除をこまめに行う、定期的なメンテナンスを取り入れるなどして、お風呂の水漏れトラブルを予防していきましょう。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315