【水道局指定工事店】熊本のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » 台所の排水管の構造とは?それぞれのパーツごとの役割を理解しよう!

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所の排水管の構造とは?それぞれのパーツごとの役割を理解しよう!

2022年01月25日 キッチンのメンテナンス

台所の排水管は、日常生活であまり気にして見ていない部分ではないでしょうか?しかし、台所のつまりや悪臭の原因は排水管のつまりによるものがほとんどです。

当記事では、台所の排水管がどのような構造になっているか、それぞれのパーツの役割などを紹介していきます。

台所の排水管の構造を理解しよう


はじめに、排水管の構造について解説します。台所の排水管は、シンクのすぐ下にあります。排水管を通して、汚水はそのまま下水へと流れ込んでいくのです。どうして下水の悪臭がしないのでしょうか。

それは、排水管の構造に理由があります。構造について、細かく見ていきましょう。

■排水バスケット
排水バスケットとは、台所のシンクから流れてきたゴミをキャッチする役割をもっている箇所です。ゴミ受けとも呼ばれ、排水管へゴミを流さないようにしてくれています。

排水バスケットの形状は3種類あり、浅型バスケット、深型バスケット、細型バスケットにわかれています。一般の住宅では浅型バスケットが多く、飲食店のような大きいシンクを使用している場所は深型バスケット、アパートは、細型バスケットが多いでしょう。

ゴミが排水バスケットをとおり抜けて排水管に流れ込むとつまりの原因になるため、バスケットの上にゴミネットをかぶせるとより効果的です。

■排水トラップ
排水トラップは排水バスケットのすぐ下にあり、大きく2種類に分類されます。

・サイフォン型
1種類目はサイフォン型と呼ばれるトラップです。

排水管のなかが水でいっぱいになると、自然に水が流れ出していく構造となっています。サイフォン型にはS字・P字・U字トラップがあります。

・非サイフォン型
もう1種類は非サイフォン型と呼ばれているトラップです。

こちらは、ワン型とドラム型のトラップふたつの形状になっています。ワン型は、カップの内側を通った水が排水管へおし流されていく構造となり、ドラム型は、大きなタンクで水封されるタイプです。

封水の水が蒸発したり、汚れたりしてしまうと悪臭やつまりの原因となるので注意しましょう。

■排水ホース
排水トラップから排水管へつながっているのが排水ホースです。排水トラップと接続して汚水を排水管へ流す役割をしている排水ホースは、ねじ式・差し込み式・Y字型排水ホース3つの種類があります。

ねじ式は回すだけで取り付けができる簡単な形状で、一般家庭の台所で使われているホースです。差し込み式も同じく一般家庭に使用されるホースですが、サイズはねじ式と比較すると小さめとなっています。

Y字型の排水ホースは、業務用の台所に使用されていることが多いのです。2層式のシンクにはY字ホースと覚えておくといいでしょう。どのタイプもビニール素材でできているため、経年劣化による水漏れを起こします。

ホースに亀裂が入ると水漏れや悪臭の原因になります。

台所の排水管が詰まってしまった時の対処法


台所の排水管がつまってしまったとき、まずは自分でできる方法として、応急処置してみることもおすすめです。

排水管のつまりの原因として考えられるのは、排水溝に異物がつまっている場合と、排水ホースや排水管に異物がつまっている場合が考えられます。それぞれの対処法について少し詳しくみていきましょう。

■排水バスケットに異物がつまっている状態の対処法
台所の排水バスケットに食べもののカスや、ゴミがつまっていないか確認してみましょう。

つまりの原因が食べもののカスやゴミなどが原因であれば、ゴミを取り除くだけで解決します。排水バスケットには無数の小さな穴が空いていて、排水バスケットが汚れていると細かい食べもののカスが穴を塞いでしまうのです。

ゴミを一度きれいに取り除き、スポンジや使い古しの歯ブラシなどを使いきれいに掃除すれば、水の流れがよくなります。

■排水トラップに異物がつまっている状態の対処法
ワン型の形状している排水トラップなどは、トラップと排水管の隙間に食べ残しのカスやゴミがつまってしまうことが多いのです。

排水バスケットを掃除しても水の流れが悪い場合には、排水トラップも掃除していきましょう。取り外したら排水バスケットと同様に、スポンジや歯ブラシを使いぬめりやゴミを取り除いていきます。

排水トラップを外すと排水管が剥き出しになりますので、排水管のまわりも一緒に掃除しておけばより効果的です。

■排水管がつまっている状態の対処法
排水管がつまっている状態になると、少しやっかいな作業になります。

自分で手が届かないため、普段の方法では解消できないからです。排水バスケットやトラップをとおり抜け、排水管に油や洗剤のカス、髪の毛、食べ残しのカスなどが蓄積されてつまりの原因となっています。

その場合の対処法は、市販のパイプクリーナーを使用する方法があります。しかし完全につまってしまった場合だとパイプクリーナーではあまり効果がないため、つまり気味だと感じたら使うようにしましょう。

そのほかワイヤーブラシを使用して、つまりの原因となっている異物を削り取る方法もあります。クリーナーやワイヤーブラシでも解消できない場合は、業者へ依頼し、高圧洗浄で排水清掃してもらいましょう。

台所のつまりを予防する方法


台所のつまりを対処するのは大変な作業です。まずは、つまりを起こさないために予防することが重要なポイントになります。

つまりを予防する方法は簡単にできるため、毎日の習慣にしておくことをおすすめします。ここでは台所のつまりを予防する方法を、いくつか紹介していきます。

■食べ物のカスや油を排水溝に流さない
台所のつまりの原因として一番多いのが、油が固まり排水管に蓄積されてつまるというものです。蓄積した油の上に食べものの細かいカスが付着して、台所のつまりを引き起こします。

調理している際、食材の切れ端が排水口へ落ちてしまったら、すぐに取り除くことも重要です。

カップラーメンの残り汁もつまる原因になるので注意しましょう。また食器についた油よごれもつまる原因になります。キッチンペーパーで拭きとってから洗う方法で、台所のつまり予防につながります。

■お湯を流す
油汚れや洗剤のカスは、排水管のなかで冷えて固まるためつまりの原因になります。そこで排水管に油汚れを固まらせないということが重要になるのです。

1日の洗いものが完了したあとに50℃くらいのお湯を流しておけば、油汚れを流してくれます。排水溝のぬめりや悪臭の予防にもなるので、毎日の習慣にしておきたい方法です。

■重曹とお酢を使い洗浄する
台所の排水溝や配管の清掃で役立つのが、重曹とお酢を使った洗浄方法です。排水バスケットやトラップを取り外し洗う際、一緒にできる方法なので覚えておきましょう。

まず、排水バスケットとトラップを取り外しておきます。まわりを軽く洗浄してから重曹を排水溝にふりかけ、その上からお酢を流し入れると反応を起こし、泡の洗浄剤になるのです。

1時間ほど放置して50℃くらいのお湯を流すだけで、つまりの予防になります。

■シンクのまわりにものを置かない
排水バスケットやトラップがあるため、固形物を排水溝に落としてしまう可能性はきわめて低いですが、シンクを掃除している際に誤って落としてしまう場合があります。

シンクのまわりにはものを置かず、すっきりした状態で掃除を行うようにしていきましょう。固形物を排水溝や排水管に落としてしまうと、自分で対処できない場合がほとんどです。

なるべくシンクまわりにものを置かず、すっきりした状態を心がけるとよいでしょう。

まとめ


排水管の構造は、排水バスケット・排水トラップ・排水ホースで成り立っています。それぞれのパーツで排水管にゴミや油などを流さない役割をもっています。

しかし、排水管のパーツの清掃やメンテナンスしていなければ、役割を果たすことができません。その結果、台所のつまりや悪臭の原因につながってきます。

毎日の習慣で1日の終わりに掃除することや、週に1回洗浄メンテナンスしておけば、つまり予防にもなり気持ちよく台所も使えます。簡単に取り外しが可能な排水バスケットやトラップはキッチン洗剤でもきれいになるので、実践してみてください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315