熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道代上昇の元凶?トイレタンクからポタポタ音がする際の対処法

2024年06月28日 トイレのトラブル


トイレタンクからポタポタと音がする場合は、水漏れが起きている可能性があります。早めに対処しないと水道代はどんどん上がり、不具合の箇所も増えかねません。

本記事では、トイレのタンクからポタポタ音がする際にやるべきことや対処法を解説します。水道代を抑える方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。



トイレからポタポタ音がする際のやるべきこと


トイレからポタポタと水が落ちる音がする場合は、修理業者が到着するまでにやっておくべきことが4つあります。これらの対応をしておくことで、被害の拡大を防ぎます。


①電源コードを抜く


トイレから水漏れしている際、ウォシュレットなどの機能がついている場合は電源コードを抜いておきましょう。電源コードに水が触れると、感電してしまう恐れがあります。また、抜いた電源コードの先端は水に触れないように、高い位置などに固定しておきましょう。100均やホームセンターで販売されているプラグカバーを装着させておくと、より安心感が高まります。


②濡れたところを拭きとる


トイレのタンクからポタポタと水漏れしている場合、床が濡れているかもしれません。床下に浸水すると余計に修繕に手間がかかってしまうため、こまめに拭きとっておきましょう

この時、タオルやキッチンペーパーなど、吸収性の高いアイテムで拭くことをおすすめします。トイレットペーパーで拭いてトイレに流してしまうと、大量に流したことが原因で更に詰まりを引き起こしかねません。あまりにも水漏れがひどい場合は、タオルを重ねて敷き詰めておくとよいでしょう。


③止水栓を閉める


これ以上水漏れを悪化させないためにも、気づいた段階で止水栓を閉めてください。トイレの止水栓は壁や床に取り付けられているので、マイナスドライバーを使って時計回りに閉めましょう。この時、何回回したか覚えておくと、自分で対処した後に同じ水量に戻すことができます。もし忘れてしまった場合は、調整しながら止水栓を開けましょう。


④トイレの水を抜く


止水栓を閉めたら、次はトイレの水を抜きましょう。水がある状態でいると、いつまでも水漏れする恐れがあるからです。灯油ポンプを活用するとスムーズに水を抜けます。もしない場合は、ペットボトルの上部を切ってコップのようにすくい上げましょう。トイレからの水漏れは洗浄水と汚水が混じった水が流れることもあるので、できる限り水を抜いておくことが重要です。


トイレからポタポタ音がする原因


トイレからポタポタと音がするのは何が原因なのでしょうか。タンク以外にもウォシュレットや部品に不具合があるのかもしれません。

ここでは、トイレからポタポタ音がする原因について4つ紹介します。


原因①浮き球の不具合


ボールタップが原因の場合、浮き球に何かしらの不具合が起きている可能性があります。浮き急は、正しい位置に取り付けることではじめて正常に水位を調整できる装置です。多少ズレてるだけでも水位はどんどん上がって、タンクからポタポタと水が落ちることも少なくありません。

アームが折れたり浮き球が割れたりしても、正常に水位を調整できなくなります。部品自体に破損が見られない場合は正しい位置に直すことで改善されますが、破損している場合は新品交換が必要です。また、浮き球を持ち上げても水が止まらない場合は、ボールタップそのものが故障していると考えられます。


原因②ナットのゆるみ


ナットのゆるみで、トイレのタンクからポタポタと水漏れしている場合があります。給水管とタンク、給水管と止水栓などの接続部分はナットをしっかり締めることで水漏れしないようになっています。

重要な役割を担っているナットがゆるむと、接続部分から水漏れが起きることも少なくありません。ナットがゆるむ主な原因は劣化です。トイレ自体が衝撃を受けることでナットがゆるむこともあるため、各部分に固定されているナットがゆるんでいないか確認してみましょう。


原因③パッキンの劣化


トイレのタンクと便器の間や給水管や止水栓の接続部分から水がポタポタと水漏れする場合は、パッキンの劣化が考えられます。パッキンはゴム製のものが多く、常に水の流れを受けているので劣化を迎えやすい部品です。パッキンは水漏れを防ぐために接合部分に取り付けられていますが、劣化すると隙間が生まれ、水漏れに発展します。放置しておくと隙間はどんどん広がるので、早めに交換するのが得策です。


原因④ノズルの故障


ウォシュレットからポタポタと水漏れしている場合は、ノズルの故障が原因かもしれません。使用していないにもかかわらずノズルから水が流れている場合は、故障している証拠です。

ウォシュレットが原因で水漏れする場合は、ノズル以外にもパッキンの劣化があります。ウォシュレットと給水ホースとの接合部分がゆるくなっている場合でも、ポタポタと水漏れすることがあるので、ウォシュレットを全体的にチェックしてみましょう。


トイレからポタポタ音がする際の対処法


トイレからポタポタと音がする際は、ここで紹介する対処法を試してみてください。


ナットを締めなおす


ナットのゆるみが原因でポタポタと水漏れしている場合は、締め直すことで解決します。ナットを締めるときは、必ず止水栓を閉めてから行ってください。手動でナットを締めるのは難しいので、モンキーレンチを使って締めてください。ナットを締めても水漏れする場合は、ナットが劣化している証拠です。破損している場合は、ホームセンターで購入するかメーカーから取り寄せましょう。


パーツを交換する


タンク内の浮き球やフロートバルブ、パッキンなどが全体的に劣化している場合は、一式交換しましょう。一新することで、しばらくタンクから水漏れする心配もなくなります。ウォシュレットは、ノズルやパッキンのみの交換可能です。ただし、長く使っている場合はウォシュレット自体を交換すると、再発防止につながります。


修理業者に依頼する


ここまでトイレの水漏れ対処法を解説してきましたが、必ずしも自分で対処しなければならないというわけではありません。トイレからポタポタと水漏れする原因が特定できない場合は、早い段階で修理業者に相談するのがおすすめです。早めに相談することで水漏れの悪化を防ぎ、床下への浸水を免れます。

パッキンの交換やナットの締め直し程度であれば比較的簡単に対処できますが、ボールタップやフロートバルブなどの交換は複雑です。自分で行うことで水漏れを悪化させる可能性もあります。かえって修理箇所が増えれば、手間もコストもかかってしまうでしょう。少しでも不安な場合は、最初から水道修理業者に依頼するのがよいでしょう。


修理費用の相場


トイレのタンクにかかる修理費用の相場を下記にまとめました。


































修理内容 費用相場
パッキンの交換 約10,000円~15,000円
便器とタンクの間からの水漏れ修理 約15,000円~30,000円
フロートバルブの修理・交換 約12,000円~18,000円
ボールタップの修理・交換 約10,000円~15,000円
ゴムフロート・浮き球の修理・交換 約10,000円~15,000円
ウォシュレットのパッキン・ボルト交換 約10,000円~15,000円


修理業者の多くは24時間365日問い合わせを受け付けていますが、深夜や早朝に修理しに来てもらうと追加料金がかかることがあります。ポタポタと水漏れする原因がパッキンの劣化だと思っていても、ボールタップやゴムフロートの劣化や破損も見られるケースも少なくありません。実際にかかる費用は、見積もりをとらなければわかりません。事前に費用を確かめておきましょう。


修理業者の選び方


安心して修理を依頼するためにも、業者選びは重要です。ステップを踏んで業者を見ていけば、信頼できるかどうか判断ができ、後悔のない選択ができます。

ここでは、修理業者を選ぶときのポイントを3つ紹介します。


水道局指定工事店に依頼する


トイレのタンク修理は、なるべく水道局指定工事店に依頼しましょう。水道局指定工事店とは、各自治体の水道局から公的に専門性が高いと認められた業者のことを指します。下記の基準に満たしているため、信頼できると判断しても問題ないでしょう。



  • 事務手続きが適切に行われている

  • 工事に必要な資材や機材を所有している

  • 国家資格の給水装置工事主任技術者の保有者が在籍している


非指定業者にも依頼はできますが、パッキンの交換やつまり解消など簡単な対処しか対応できないことがほとんどです。その点、指定業者は給水管やトイレ本体の交換なども請け負えるので、どんなトラブルにも対応してくれる安心感があります。


相見積もりをとる


トイレの修理業者を選ぶ際は、まず相見積もりをとりましょう。複数の業者から見積もりをとることで料金比較ができるだけではなく、業者をじっくり見る機会にもなります。業者の信頼性を表す一つとして、見積もりを詳細に書いた上で、丁寧にわかりやすく説明してくれるかどうかチェックしてみましょう。

顧客側の立場に立って細かい部分までわかりやすく説明してくれる業者なら、トラブルに発展するリスクが減ります。納得した上で契約をしてほしい旨を伝える業者ほど、技術力に自信があり、最後まで誠心誠意付き合ってくれる傾向にあります。


口コミを確認する


業者の評判を口コミで確認することも重要なポイントです。口コミ件数が多く、高評価が高い業者は、信頼性が高い傾向にあります。高評価の中でもとくに技術力や親切さに対するコメントが多いと、安心して頼れるでしょう。技術力が高くても横柄な態度をとる業者は、気持ちよくお付き合いはできないでしょう。また、低評価が目立つ業者も避けるのが無難です。担当者の当たり外れがある業者はリスクが高く、仕上がりにムラが生まれます。どの職人が対応しても同じクオリティの業者なら不安なく依頼でき、リピートもしやすくなります。

また、ホームページに掲載されている口コミ以外にも、X(旧:Twitter)やInstagramなどのSNSをチェックして、業者の評判を判断材料の一つにしましょう。


修理業者を選ぶ際の注意点


修理業者を選ぶ際は、信頼できると納得した上で依頼することが重要です。何より事前に見積もりをとることを忘れないでください。修理業者の中には、修理をしてから言い値で請求してくる場合があります。修理をした後では支払うしか選択肢がないので、必ず事前に見積もりがほしい旨を伝えましょう。

また、きちんと会社情報を公表している業者を選びましょう。会社情報が不明瞭な業者には注意が必要です。所在地や連絡先を公表していないのは、突撃されることを恐れているからかもしれません。健全な業者であれば、会社情報を公表してサービスや実績をアピールしているはずです。


水漏れの費用を抑える方法


タンク内の水漏れは気づきにくく、知らない間に水道代が高くなっている可能性があります。もし水漏れに気づかなかった場合、1ヶ月で約1000〜74,500円の金額が上乗せでかかってくるでしょう。数万単位の出費となればかなり痛手です。

ここでは、水漏れの費用を抑える方法を2つ紹介します。該当する内容があれば、行動を起こしましょう。


減額措置に申請する


トイレのタンクからポタポタと水漏れしていることに気づかず、水道代が上がってしまった場合は、お住まいの地域・市町村で減税を申請できます。申請が通れば、かなり出費を抑えられるでしょう。ただし、厳しい条件を満たした場合のみ適用されるので、誰でも受けられるわけではありません。よくある条件を下記に記載します。



  • 不注意や故意によるものではなく、通常の使い方での水漏れ

  • 床下や壁中など、発見が困難な場所で起きた水漏れ

  • 水道局指定業者による修理を受けた上で起った水漏れ

  • 前回とは異なる場所から起こっている水漏れ


なお、自治体によって減額借置の適用条件は異なり、細かく設けられているケースも少なくありません。申請前に一度、自治体に直接確認することをおすすめします。


賃貸の場合は管理人に相談する


マンションやアパートなど賃貸物件に住んでいる場合は、まず一度管理人に水漏れしている旨を伝えましょう。賃貸物件は住んでいる人ではなく大家さんや管理会社の所有物になるので、勝手に修理をしてはいけません。原状回復が求められはしますが、まずは報告が優先です。もじかすると下階に影響している恐れもあるので、気づいた段階で相談しましょう。

ほとんどの場合、故意による水漏れでなければ大家さんや管理会社が修理費用を全額負担してくれます。しかし、管理人や大家、管理会社の判断や、契約内容によっては自己負担になることもあるため、どちらが負担するのか事前に確認しておきましょう。


トイレタンクからポタポタ水漏れしていたら早急に対処しよう


今回は、トイレタンクからポタポタ水漏れする原因と対処法を紹介しました。タンク内の水漏れは日常的に使っていると気づきにくいので、発見したときにはかなり水漏れが進んでいる状態であることもしばしばあります。定期的にタンクのフタを開けて確認すれば早期発見できますが、ポタポタと水が落ちる音で水漏れを疑うことも可能です。もし水漏れが起きている場合は早急に対処する必要があります。水道局指定工事店に修理を依頼して、不安要素を取り除きましょう。


くまもと水道職人では、水道局指定店として、トイレをはじめとする水回りに関するさまざまなトラブルに対応しています。また、24時間365日受付・ご訪問を行っているので、緊急で相談したい場合も、お気軽にご連絡ください。



監修者

監修者の写真

主任

平野 勝

《略歴》

2017年株式会社N-Visino入社後、弊社指定の水道メンテナンス研修プログラムを履行。
水回りの小さなトラブルから建物全体のメンテナンス、リフォームに至るまで、水に関わるあらゆるお悩みをお客様の目線に立ち、お客様とともに解決してまいりました。
年間約600件の現場へ実際に立ち会い、培った水のプロフェッショナルとしての経験を活かし、当コラムでは水にまつわる幅広い知識を届けたいと考えています。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315