【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » タンクレストイレはDIY修理が難しい!設置前に知っておきたいトラブル対処法

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

タンクレストイレはDIY修理が難しい!設置前に知っておきたいトラブル対処法

2021年02月07日 トイレのトラブル


トイレで水漏れトラブルが発生した際に、「まずは、自分でなんとかしてみよう!」とDIY修理に挑戦する方も多いのではないでしょうか?
自宅のトイレが近年人気のタンクレストイレの場合、注意が必要です。タンクレストイレの水漏れパターンや、セルフ修理に注意が必要な理由を教えます。

タンクレストイレの水漏れパターン

トイレの水漏れトラブルが発生しやすい場所の一つが、水をためておくためのタンクです。
タンク底からちょろちょろと水が流れ出てきたり、レバー付近からぽたぽたと水が落ちてきたり…。
常に水がある場所だからこそ、水漏れトラブルが発生する可能性も高いと言えます。
タンクレストイレの場合、水をためておくためのタンクは存在しません。
給水管から直接水を供給し、排せつ物を押し流していきます。タンク有りタイプとは、全く異なるシステムを採用しているため、水漏れパターンも大きく違ってくるのです。

タンクレストイレからの水漏れトラブルで多いのは、以下の2パターンです。

・ウォシュレットからの水漏れ
・トイレ下部配管からの水漏れ


ウォシュレットの部品が破損したり劣化したりすれば、その部分から水が漏れだしてきます。
問題のある部品を突き止め、交換する必要があるでしょう。
トイレ下部配管に問題がある場合は、設置そのもので失敗している可能性も。
修理業者やメーカーに相談し、さまざまな方面から原因を探っていく必要があります。


なぜDIY修理が難しいのか?

従来型のタンク有りトイレの場合、DIYでの修理に挑戦する方も決して少なくありませんでした。
インターネット上にはさまざまな情報が紹介され、パッキンの交換やボールタップの取り替えなど、簡単な修理であれば個人対応も充分可能です。
ではなぜ、タンクレストイレになると、DIY修理が難しくなってしまうのでしょうか?

その理由は、トイレ内部の構造にあります。タンク有りトイレの仕組みはいたってシンプルで、「あらかじめためておいた水を、レバーを引いて一気に押し流す」というものです。水が一気に流されることで強力な流れが生まれ、排泄物は自然に排水管内部を進んでいくでしょう。
仕組みそのものもシンプルですし、使われている部品も決して珍しいものではありません。部品交換や詰まりの除去も、原始的な方法で解決可能です。

一方タンクレストイレの場合、水道管の圧力や電気を使って水の流れを生み出し、汚れを奥へと押し流します。
故障が疑われる場合でも、水道管に問題があるのか、それとも電気系統に問題があるのか、それ以外のポイントに異常が発生しているのか、素人では判断できません。またメーカー独自の技術が詰め込まれているため、同じ「水漏れ」でも、トイレのメーカー別に対処法が違ってくるという特徴があります。
専門的な知識が必要となるため、自力修理は難しいという事実を頭に入れておきましょう。


トラブル発生時にやるべきこととは?

タンクレストイレで水漏れトラブルが発生した場合、まずやるべきことは以下の3つです。

・リモコンを確認する
タンクレストイレで水を流すために必須となるのが、電気系統です。
リモコンのトラブルで電気系統の命令がうまく伝わっていない可能性があるので、まずはこちらをチェックしておきましょう。

もっとも多いのが、リモコンの電池切れです。
古い電池を取り外して、新しい物を入れましょう。
また電池切れではなくても、一時的な動作不良に陥るケースも存在しています。
この場合、いったんリモコンの電源を落とし、再起動してみてください。
これら2つを実践しても効果がない場合、プロに依頼するのがおすすめです。


・止水栓を止めて電源を切る
タンクレストイレの故障は、修理業者に依頼するのが一般的です。
とはいえ修理業者が、すぐに現場に駆けつけてくれるとは限りません。
二次被害が起きないようにすることも、トラブル発生時の重要なポイントとなります。
水道から水が流れ続ければ、水道代は高騰してしまいます。
また予想外の場所から水漏れする可能性も否定できません。

まずはトイレの止水栓を閉めて、水の流れを強制的に遮断しましょう。
電源も切っておけば、とりあえずは安心です。
ただしトイレは使用できませんから、できるだけ早く業者に連絡してみてください。


・信頼できる業者に相談する
タンクレストイレの故障の裏には、さまざまな要因が絡んでいます。
目の前のトラブルだけを解決しても、根本的な原因が解決していない場合、すぐにまた同様のトラブルで悩まされてしまう可能性もあるでしょう。

だからこそ重要なのが、多くの修理実績を持ち、タンクレストイレの故障について気軽に相談できる修理業者を選ぶことです。
信頼できる修理業者であれば、トラブルの原因についてもしっかりとチェックしてもらえるでしょう。
また同じトラブルで悩まされないためにはどうするべきなのか、プロの視点でアドバイスをもらえます。


くまもと水道職人が、トイレのトラブル解決いたします

DIYブームの今、トイレ修理も自分で行う方が増えてきています。
タンクレストイレの場合は、タンク有りトイレと違い、簡単に修理できるものではありません。スムーズに問題を解決するためにも、早めにプロに相談するのがおすすめです。

くまもと水道職人は、熊本市、八代市、玉名市、宇城市、山鹿市など、熊本県内全域で水回りの修理を請け負っています。ぜひお気軽にご相談ください。


熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315