【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » キッチンの水漏れは何が原因?対処方法は?

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの水漏れは何が原因?対処方法は?

2021年02月25日 キッチンのトラブル
くまもと水道職人8

キッチンの水漏れ原因

キッチンの水漏れ原因は、部品の劣化や、排水トラップや排水ホースの劣化や破損などです。特に、キッチンの床やシンク下が水浸しになっている場合は、シンク下の配管などに異常が起きている場合がほとんどです。水漏れがおきたときは、まずは慌てずに原因を調べてみましょう。水漏れの箇所によって対処方法が異なるので紹介していきます。

排水トラップのゴムパッキンの劣化

シンクと排水トラップのつなぎ目には、水漏れを防ぐためのパッキンが付いています。このパッキンが劣化することで、シンクと排水トラップの間に隙間ができ、水漏れの原因となってしまうのです。

パッキンはホームセンターやネットショップで購入でき、自分で交換することができます。どのパッキンを買ってよいかわからない場合は、パッキンを外してホームセンターに持っていって、同じ形や同じサイズがあるか確認してください。

排水トラップや排水ホースの接続部分の緩みや部品の劣化

排水トラップと排水ホースは、大きめのナットで接続されています。この部分が緩んでいると、つなぎ目に隙間ができてしまい水漏れの原因となります。接続部分をチェックして、ナットが緩んでいたら閉めなおしてください。それでも水が漏れてくるようであれば、ゴムパッキンが劣化している可能性があります。

ゴムパッキンは、固く弾力がなかったり、手に黒い汚れがついたりするようなら劣化しているサインです。接続部分からゴムパッキンを外して交換しましょう。ゴムパッキンはホームセンターやネットで購入できます。

排水ホースの破損

ビニール製の排水ホースは経年劣化で、破れたりなどの破損が起こる可能性が高い部分です。排水ホースが破れてしまうと、水を流すたびに水が漏れてしまいます。破損箇所が大きいと、キッチンの床まで水浸しになってしまうこともあります。マンションの場合は下の階に被害が及ぶこともありますので、早めに処置する必要があります。

小さな破損は、防水テープなどを巻き付けておけばひとまず安心です。また、破損が大きい場合も応急処置として防水テープを巻き付けておきましょう。水漏れが解消されない場合は、排水ホースを新品に交換する必要があります。排水ホースはホームセンターやネットで購入でき、比較的簡単に交換することが可能です。排水ホースを交換する際は、排水管にきちんと差し込まないと水が漏れてきますので注意してください。

給水管や給湯管の故障

給水管や給湯管は、水やお湯を蛇口まで運ぶ役割があります。給水管や給湯管の破損や、止水栓が故障することによって、水漏れがおきる場合もあります。止水栓を閉めても水漏れがおさまらない場合は、専門の業者に依頼して修理をしてもらってください。

配管のつまりで水漏れしている場合

水が漏れている箇所の部品を交換しても水漏れが解消されない場合は、配管がつまっている場合があります。キッチンから排出される水は、油や汚れや食べかすなどが配管につまりやすく、溢れ出てくることがあるのです。配管のつまりは日ごろからパイプクリーナーを流し込むなどして予防してください。つまってしまった場合は、専門業者に依頼して高圧洗浄で配管を洗浄してもらうと効果的です。

シンクの破損

シンクは、毎日使っていると、小さな傷がつきやすい場所です。特にステンレスのシンクは、小さな凹みがつきやすく、腐食して穴が開くこともあります。傷に気づいたらパテなどで補修してください。放っておくと穴はどんどん大きくなっていき、水漏れをおこしてしまいます。

破損がひどい場合はシンク自体の交換が必要です。シンクの交換は自分では難しいので、専門の業者に依頼して交換してもらいましょう。

蛇口の内部部品の劣化や破損

蛇口や水栓の接続部分から水漏れがおきている場合は、内部部品の劣化や破損が考えられます。まずはどこから水が漏れているか特定しましょう。蛇口の故障は、パッキンの劣化やバルブの故障がほとんどです。これらの部品を交換しても水漏れが解消されない場合は、蛇口本体が故障している可能性があります。

古いタイプの蛇口をお使いの場合、故障のタイミングで最新の蛇口に交換してみてはいかがでしょうか。賃貸の場合は、まずは管理会社や大家さんに連絡してください。

キッチンの水漏れを予防するには?

キッチンの水漏れ予防は、小まめな掃除や日ごろのメンテナンスが大事です。キッチンの排水口は水が流れやすいように、小まめにゴミを取り除きましょう。

また、パイプクリーナーを定期的に流して、つまりを予防することも大事です。各部部品が緩んでいないか、部品が破損していないか、定期的にチェックしてください。また、水が溢れ出て止まらないような場合は、慌てずに止水栓を閉めてから、水道修理業者に連絡しましょう。

くまもと水道職人は、熊本市をはじめ、延岡市、都城市、荒尾市など、熊本県全域の水のトラブルに年中無休で対応しています。キッチン周りをはじめとした、家中のさまざまな水に関するトラブルは、くまもと水道職人にお任せください。電話一本で経験豊富なスタッフがすぐに駆け付けます。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315