【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » トイレの排水管から水漏れが発生したら?!原因はつまり?

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの排水管から水漏れが発生したら?!原因はつまり?

2021年02月25日 トイレのトラブル
くまもと水道職人10

トイレの排水管から水漏れを発見したら

トイレの排水管から水漏れが発生した場合は、自分で直せるのか業者に依頼しなければいけないのか判断が必要になります。簡単な修理であれば、数百円のパッキンを交換すれば解決することもあります。よくある症状別に、水漏れの原因や対処法をご紹介しますので、自分で修理できそうなものがないか確認してみてください。

排水管の結露

床が濡れていると水漏れを疑ってしまいますが、実は水漏れじゃなく配管の結露だったという場合があります。リビングなどと温度差が大きい場所にあるトイレは、配管に結露が起きやすく床に水たまりができることもあります。結露を吸収するテープを巻くなどして対策をしましょう。また、換気扇をまわし続けるのも結露対策に効果的です。

接続部品の緩みやパッキンの劣化

接続部分から水漏れが起きている場合は、ナットの緩みなどが考えられます。ナットが緩んでいたら締めなおしてください。また排水管は結露が起きやすく、ナットが錆ついている場合もありますので、そのような場合は、新しいナットと交換してください。

また、パッキンが劣化していないかも確認してみましょう。固く弾力がなくなっている場合や、手に黒く汚れがつくようなら劣化しているサインです。パッキンはホームセンターやネットで購入でき、自分でも交換することができます。

排水管の老朽化や破損

排水管は長年の使用による老朽化で、水漏れをおこす場合があります。排水管が老朽化している場合は、破損箇所に防水テープを巻き付けて応急処置をして、早めに専門業者に排水管の交換を依頼してください。

排水管のつまり

トイレの排水管の中は、普段目にすることがないので、つまっていてもなかなか気づくことができません。排水管がつまる原因は、流れなかったトイレットパーパーや汚物などの蓄積や、何かを落としてしまった場合などです。

トイレの排水管は、汚れが溜まって蓄積することにより、つまりがおこる場合もあります。基本的に水量や水流が弱いと汚れが流れづらくなりますので、トイレの水を流すときは十分な水量が出ているか確認しましょう。

また、汚れを蓄積させないためには、定期的にパイプクリーナーを流すのが効果的です。それでも解消できない場合は、専門の業者に依頼して排水管を洗浄してもらうのをおすすめします。また、タンクレスの場合は水の勢いが弱い傾向がありますので、常に大洗浄で流すなどの工夫をしてみてください。

トイレットペーパーによる排水溝のつまりにはぬるま湯が効果的です。この場合は、30~60℃程度のお湯を便器に流してみてください。溜まっていたトイレットペーパーが溶けて、つまりを解消できる場合があります。お湯を流す際は、熱湯だと便器が破損する可能性があるので注意してください。また、ティッシュペーパーは水に溶けないので、詰まりの原因になります。ティッシュペーパーを使う際は、水に溶けるかどうか確認してから使ってください。

トイレにかけてあるタオルも、間違って便器に落として流してしまいがちなので気をつけてください。また、間違ってスマホやガラケーなどの携帯電話や鍵などを落としてしまうと、つまりの原因になります。

排水管に異物が詰まると水を流すたびに圧力がかかり、排水管に亀裂が入ってしまうこともあります。排水管が破裂する場合もありますので、異物のつまりは早急に対処することが必要です。家にラバーカップ(スッポン)がある場合は、取り出せるかどうか、試してみてください。異物を取り出しても水漏れが解消されない場合は専門業者に依頼してください。

異物が取り出せない場合は?

異物が取り出せないときは、ラバーカップで何回も圧力をかけると危険な場合もあります。何度も水を流したりするのも、排水管を圧迫して破裂の原因になります。そうなると家中の水回りが利用できなくなることも考えられます。症状が重くなると修理代は高くなりますので、早めに専門業者に相談して点検や修理をおこなってくささい。

排水管の水漏れを防ぐには?

排水管の水漏れを防ぐには、日ごろの使い方やメンテナンスが大事です。水量が弱く、トイレットペーパーを一度に大量に流すなどを繰り返すと、つまりの原因になります。トイレットペーパーは一度に大量に流すのを避けて、少しずつ流すようにしてください。

排水管を詰まらせないために、定期的にパイプクリーナーを流し込んでメンテナンスすることも効果的です。流れが悪いと感じたら、排水管の汚れが蓄積している可能性もあります。専門業者に依頼して高圧洗浄を行うこともおすすめです。また、水漏れがおこらないようにするには、定期的な部品の交換も大事です。

くまもと水道職人は、熊本市をはじめ、八代市、玉名市など、熊本県全域の水に関するトラブルに対応しています。トイレやお風呂場、キッチンなどの家中の水まわりに関するトラブルは、お気軽にくまもと水道職人にお問い合わせください。豊富な技術と経験のあるプロスタッフが、お客様のご要望に最適な方法でトラブルを解決します。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315