【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » 熊本でトイレを節水するコツとは

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

熊本でトイレを節水するコツとは

2021年05月04日 トイレのメンテナンス


トイレもエコに

熊本は水がきれいで豊富な地域ですが、それでも家計の節約のために節水したいと思うのではないでしょうか。また、最近は資源を無駄にせず、環境に配慮するエコブームもあり、トイレの水も最小限にしたいと考える方もいるかもしれません。

トイレは地域によっては水圧の関係で思うような量が流れないこともあれば、水量を多少なりとも調節できることもあります。一方で、勢いよく流れ過ぎ、大便などを流すにしても、ちょっと多過ぎるのではというトイレも少なくありません。

そこで、トイレメーカー各社も、従来少ない水で流せるトイレの開発に取り組んでいます。便器の水の流れを複雑にすることで水の量ではなく、流れの仕組みで排出する仕組みや、汚物が落ちる便器内を滑りやすくコーティングすることで水の勢いを抑えても汚物がこびりつき、残らずに流れていくといった仕組みの節水トイレを生み出し、販売を始めました。

エコを意識するなら節水型トイレに買い替えればいいわけですが、多くの方は家計の節約が課題です。
となると、わざわざ節水型トイレに交換したいとは思わないでしょう。そこで、自力でできるトイレの節水の工夫をDIYでトライする方が増えています。どのような方法があり、実際に役立つのか確認していきましょう。

ペットボトルはNG

極めて低コストで今直ぐに出もできる、節水対策の一つがトイレのタンク内にペットボトルを入れる方法です。ペットボトルの重みの分水かさが増え、既に水が入っているかのように錯覚させることで、水が流れた後の給水量を減らそうという方法です。

しかしトイレというのは、レバーを上げて水を流すとタンク内のボールタップやフロートバルブなどが稼働するという構造上、ペットボトルを使った方法はおすすめできません。ペットボトルはそれなりの大きさもあり、タンク内をプカプカと勝手に動くこともあります。

すると、タンク内への給水や便器への止水など水の制御を担っているボールタップなどの装置にぶつかって、制御装置が外れ、水が止まらなくなるというトラブルに発展することもあります。水道代を節約するつもりが、逆に水が流れっぱなしになり、無駄に水道代がかかるという残念な事態になりかねません。

節水リングは品質を確認

ホームセンターなどでワンコイン程度の価格から販売されている、節水リングと呼ばれる器具も、DIYで節水したい方に人気のアイテムの一つです。トイレのタンク内で便器への水を送り出す制御をしている排水弁の上に取り付け、リングの重みで排水弁を本来より早く閉じさせ、送り出す水の量を減らすというアイテムです。中には40%もの節水効果をうたっている商品もあります。もっとも、消費者センターに通報されるトラブルとなったリングもあるので、メーカーの信頼性や品質、評判などを比較して選ぶことが大切です。

タンク内に入れ、水の中にずっと使っているものなので、本来なら水に耐える樹脂やステンレスなどのサビにくい素材を使う必要があります。この点、あるメーカーの商品がひっかける針金部分のみがステンレスで、本体は亜鉛合金をメッキ処理したものであったため、1年ほど使用した間にサビて変色し、針金部分が脱落してしまうトラブルが発生しました。

これによってリングが本来の位置から外れて、排水弁と排水口の間に挟まってしまったのです。つまり、ずっと排水弁が開きっぱなしの状態になってしまったため、水が止まらなくなりました。この事例でも水道代を節約するつもりが、かえって水道代が嵩んでしまったのです。

話題の水洗トイレ節水器ロスカット

もう一つDIY愛好者に人気なアイテムが、水洗トイレ節水器ロスカットです。トイレのタンク内にある排水弁に取り付けることで、流れ出る水の量を抑えられます。メーカー広告によれば、4人家族で1ヶ月30回排水したとして、年間で水量54立方メートルの節水ができ、水道代として1年で20,754円を節約できるとされています。

もっとも、取り付けられるトイレと取り付けられないトイレがあるので注意が必要です。まず、そもそも節水型のトイレでは使えません。最小限の水で流せるよう工夫や設計がなされているためです。また、最新の自動洗浄トイレなどレバー式ではない電気で操作するトイレや、トイレを広々使えると人気のタンクレストイレ、タンクが高い位置にあるハイタンク式でも使用できないので注意しましょう。

節水しすぎに気を付けよう

資源保護の観点から節水への取り組みは推奨したいところですが、トイレの節水のし過ぎは控えたほうが安心です。流れたつもりでも、下水まで到達できずに、排水管の奥で少しずつ汚物やトイレットペーパーなどが堆積し、つまりの原因になる恐れがあるためです。

トイレの節水対策によるトラブルでお困りなら

くまもと水道職人は熊本市、人吉市、八代市、荒尾市など熊本県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレの節水対策のし過ぎによるつまりをはじめ、浴室や洗面所、キッチンでの水漏れやつまりなど、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にくまもと水道職人にお問い合わせください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315