【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » 台所の床がびしゃびしゃ!水漏れしたらどうすればいい?

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所の床がびしゃびしゃ!水漏れしたらどうすればいい?

2021年06月17日 キッチンの水漏れ


何の前触れもなくキッチンの床下が水浸しになってしまったというトラブルはとても多く見受けられます。何もせず対処を先送りにしてしまうと、階下への水漏れや浸水による黒カビの発生や床材の腐食などの二次被害を招いてしまいます。マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、他世帯への損害賠償責任も発生する可能性もあります。

台所での水漏れの箇所はほとんどの場合は蛇口かシンク下の二ヶ所です。蛇口が原因であれば、パッキンやカートリッジを交換すれば大体の場合は解決します。ではシンク下からの水漏れの場合はどのような対処をすれば良いでしょうか?

シンク下の水漏れ箇所別の対処法

水漏れの場所を特定するために、まずは中に入れてある米びつや調味料などを出してシンク下を空にしましょう。下を新聞紙やタオルなどを敷いて養生してから、蛇口から水をゆっくりと流して、ポタポタと水が垂れるところが水漏れ箇所です。水漏れする場所は大きく分けて以下の4つであることが多くなっています。

1.排水トラップの接続部分
排水トラップとは排水口にある、封水という水を溜めて下水からの悪臭や害虫の侵入を防ぐための装置です。排水トラップとシンクや排水ホースのつなぎ目におけるナットの緩みやパッキンが劣化しヒビ割れや硬化することで、水漏れにつながるケースは非常に多くなっています。

ナットの緩みはレンチなどで締め直せば解決します。また、パッキンの交換もご自身で行うことが可能です。止水栓を閉めて交換する箇所の下にバケツなどを置き水漏れの対策をしてから、ナットを緩めて古いパッキンを外し新しいものを付け替えれば作業は完了です。最後に水を流して水漏れがないかを確認することも忘れないようにしましょう。

2.排水ホースや排水パイプの破損
シンク下から排水管へつなぐ役割をするこちらは、塩化ビニール管でできているものを排水パイプ、ビニールでできているものを排水ホースと呼称しています。先述したように接続部分からの水漏れも多く見られますが、シンク下に物を詰め込みすぎるための外的な圧力や経年劣化をして硬化したことによる縮みやヒビ割れから水漏れにつながる場合もあります。

補修用のテープで応急処置をすることは可能ですが、排水ホースの交換が必要です。排水ホースはホームセンターなどで購入可能ですが、口径のサイズが40センチのものと50センチのものがありますので、使用しているもののサイズを確認してから購入してください。

作業自体はとても簡単です。排水管からホースを引き抜いたら、排水プレート、クリーンパッキンの順にあらかじめくぐらせておいたホースを接続してナットを締めれば完成です。ホースが長すぎると詰まりの原因になりますので、長い場合は適切な長さにカットしてください。

また、排水ホースに破損がなく、悪臭などもする場合は排水トラップや排水管内部で詰まりが生じて排水が逆流している可能性があります。その場合はパイプユニッシュなどの薬剤で詰まりを改善するか、ラバーカップや真空式パイプクリーナーをなどで吸引するなどして詰まりを解消してください。

刺激を抑えたい方は重曹とクエン酸水やお酢で詰まりを解消することも可能です。カップ4分の1の重曹に2倍の量のクエン酸水を注ぎ1時間ほど放置してから水をそそぐと、発泡作用により浮き上がった汚れが一掃されます。小さなお子さまやペットがいらっしゃるご家庭におすすめの方法です。

3.給水管のつなぎ目や止水栓からの水漏れ
排水の設備に問題がなければ給水管から水漏れしているかもしれません。その場合も排水管同様に接続部のナットの緩みやパッキンの劣化が原因であることがほとんどです。止水栓を止めてからレンチで締め直すかパーツの交換を行うなどして修理を行ってください。

また、シールテープを交換することで水漏れが解消する場合もあります。シールテープは接続部のネジ山に巻くことで配管を密着させる役割を担っていますが、巻き方が誤っていると隙間が生じて水漏れを発生させます。シールテープを巻き直す際は、ネジ部分の汚れや油をしっかりと拭き取ってから、8~13回ほどぐるぐると隙間のないように時計回りにしっかりと巻いてください。

4.シンク自体が破損している
ステンレス製のシンクが経年劣化により腐食し、穴空きなどにより水漏れさせているケースも見られます。通常の使用ではめったに見られませんが、強い薬剤や熱湯を高い頻度で使い続けているとシンクの劣化を早めてしまうのです。

補修用のパテなどで補修することは可能ですが、使用年数が10年を超えている場合は他の箇所も劣化している可能性が高いため、メーカーや水道修理業者に依頼して交換や修理をすることをおすすめします。賃貸住宅の場合は提携している業者がいる場合や大家や管理会社が負担する契約になっている場合もありますので、ご自身で電話する前に一度確認をしましょう。

キッチンからの水漏れの際はくまもと水道職人までお電話ください

くまもと水道職人は熊本市、八代市、天草市、玉名市、宇城市など熊本県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にくまもと水道職人までお問い合わせください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315