【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » お風呂に嫌な臭いが漂うときに知っておきたいこと

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂に嫌な臭いが漂うときに知っておきたいこと

2021年06月17日 浴室のトラブル


お風呂に漂う嫌な臭いでバスタイムが台無し?

お風呂に嫌な臭いが漂っていることは珍しくありません。さまざまなものが流れるお風呂は定期的な清掃が欠かせず、それが不十分だと悪臭が漂うことが多いのです。DIYで解決できることも多いので、こちらでご紹介する原因や対処法などをぜひチェックしてみてください。

風呂場に漂う嫌な臭いの原因は何?

お風呂の中に溜まった汚れや、そこかしこに発生する雑菌やぬめり、カビなどが風呂場に漂う臭いの原因です。身体を洗うお風呂ではさまざまな汚れが落ち、排水溝へと流れますが、浴室内のさまざまな箇所にこびりつくものもあります。毎日のようにそれが続けば大量の汚れが堆積し、悪臭につながることがあるのです。

さらに、お風呂場は基本的に湿度が高く、カビが発生しやすい環境であるため、入浴のたびに換気していてもカビが発生することが多いです。カビは悪臭の基本的な原因であり、お風呂場での嫌な臭いにつながります。

臭いの発生源を突き止めよう!浴室内でチェックしたい場所とは

悪臭はお風呂のさまざまなところから発生します。特定の一箇所が原因のこともあれば、複数の箇所から同時に臭っていることもあるので、各場所をしっかりとチェックしてください。

・浴槽や風呂場の壁や床
壁や床には、身体から落ちた垢や、流れずに残った石鹸カスなど、さまざまな汚れが堆積しやすい場所です。特に風呂場の隅や、敷いているマットの下など、汚れが一度入り込むとなかなか流れない箇所に堆積していることがあります。一見すると汚れが溜まりそうにない場所でも、実際に溜まっていると臭いが発生し得るため、十分に注意し、確認してください。

・排水溝
排水溝はカビやぬめり、そのほかの汚れが堆積しやすく、臭いの主要な発生源です。毎日大量のお湯が流れているため、汚れも一緒に流されていそうにも思えますが、実際にはかなりの汚れが見られます。最後に掃除してからかなりの期間が経過している場合、悪臭の発生源である可能性は高いです。また、排水トラップと呼ばれる造りにトラブルが起き、下水の臭いが逆流していることもあるため、その点も注意してみてください。

・換気扇
入浴後の湿気を外に逃がすこの設備にカビが生え、浴室内の悪臭につながっていることがあります。直接お湯がかかるわけではなく、手で触れることも少ないため、汚れやカビの原因とは思われづらいのですが、まったく掃除していない場合、カビが発生していることは多いです。見落としやすいので、忘れずに確認してみてください。

・お湯用の配管
バスタブにお湯を溜めたり、そのお湯を追い焚きしたりする際に使用される配管内にカビや汚れが堆積し、ひどい臭いにつながることがあります。排水溝よりもさらに内部が見えづらく、換気扇と同じく見落としやすいため、よく確認してみてください。

臭いは自力でも解決できる!おすすめする対処法

浴槽や風呂場の壁や床に見える汚れがある場合、洗剤とスポンジを使って掃除してください。洗剤は一般的なお風呂用のもので構いません。洗剤をかけたあと、スポンジで擦ってから洗い流せば、汚れと臭いが落ちます。

・排水溝の対処方法
排水溝にはスポンジが入らないため、使用済みの歯ブラシなどでこすると効果的です。また、広く市販されている排水溝用の洗剤を準備すると、手軽に汚れや臭いを落とせます。身の回りにあるもので解決したい場合、重曹とお酢を使うとよいでしょう。換気扇を回した状態で、重曹を排水溝に振りかけてからお酢をかけると、2つの物質が反応して泡立ちます。30分~1時間ほど放置したのち、お湯を流せば完了です。

なお、排水溝のさらに奥に水を溜め、臭いや虫の逆流を防ぐ排水トラップと呼ばれる造りにトラブルが起きている場合、掃除だけでは臭いが解決しません。掃除をしたり、大量の水を流したりしても排水溝からの悪臭が止まらない場合、専門業者の力が必要なことが多いです。

・換気扇の対処方法
取り外せるものは取り外し、汚れやカビなどを落とします。このとき、取り外せないものは決して外さないこと、本体に水をかけないように注意することが大切です。直接機器を確認することのほか、使用説明書などがあればそれを熟読のうえ、掃除できる範囲を対応してください。

・お湯用の配管の対処方法
お湯が出てくる配管にはブラシなどを入れられないため、配管専用の洗剤を溶かしたお湯を使用します。専用洗剤を用意したら、配管の位置を少し超える程度の水位まで、浴槽内にお湯を溜めてください。そして洗剤を入れてよくかき混ぜ、追い焚き機能を使って配管内にそのお湯を流し、3時間ほど放置するのです。時間が経ったらもう一度追い焚きをして排水し、今度は何も入れていないお湯を溜めてまた追い焚きし、配管内の洗剤を流しきれば完了です。使用の手順は洗剤の説明書に書いてあるため、それに従ってください。

解決できないお風呂の臭いはくまもと水道職人までご相談ください

掃除したが解決しない、どこから臭いがするのかわからない、排水トラップの異常が疑われるなど、お風呂の臭いで困ったときは専門業者まで相談するのがおすすめです。より専門的な洗浄を実施できるほか、必要があれば設備の修繕なども実施でき、臭いを可能な限り解決します。

くまもと水道職人は熊本市、天草市、合志市、山鹿市など熊本県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。浴室やトイレや洗面所、キッチンでのつまりや水漏れをはじめ、臭いなども含めた水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にくまもと水道職人にお問い合わせください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315