【水道局指定工事店】熊本のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » トイレの節水は便利グッズと少しのコツで大幅効果アップ!

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの節水は便利グッズと少しのコツで大幅効果アップ!

2021年11月01日 トイレ


トイレの節水は地球資源保護と家計節約の両方に効果があります。
日常生活の中ではたくさんの水を使いますが、なかでもトイレでの使用量はかなりのもの。
1日に何度も使う上に、家族の人数が多ければさらに増えますよね。

トイレで使う水を節約するコツは何なのでしょうか。
家族の誰もが簡単に取り入れられるコツや、あると便利な節水グッズをご紹介します。

最新型の節水トイレは「大」でもたったの4リットル

節水が意識される時代になり、各メーカーでは節水ができるトイレを続々とリリースしています。
とくに最新型にもなると、「大」で流しても使用量がたったの4リットルで済むタイプまで現れました。

「4リットルでもかなり多いのでは?」と思うかもしれませんが、1990年代のトイレで使われていた水量が13リットルだという事実と比較すると、およそ3分の1程度まで下がっていることになります。
メーカーの努力が確実な節水に結び付いているといえるでしょう。

最大の節水効果は「最新型の節水トイレにリフォームする」ことで実現できますが、実際、すぐにでもトイレのリフォームができるご家庭はなかなか少ないものです。

エコ効果が高いトイレのリフォームには国から補助金が出ますが、それでも結構な出費になることは間違いありません。
トイレのリフォームが難しければ、できることから始めましょう。


日常生活でできるトイレの節水

トイレの節水は小さなことでも効果があります。
まずはご家庭の誰もが実行しやすい方法を試してみましょう。

方法はとてもシンプルです。レバーの「大」と「小」の使い分けをすれば、それだけで大きな効果が現れます。
男性の小用を「小」にするだけでも、毎回かなりの節約になるでしょう。
また、最新型ではないとしても、やや新しめのトイレであれば、女性の小用も「小」で流れることがあります。

また、のっぴきならない事情がない限り、トイレの2度流しはやめましょう。
デリケートな人は臭いが気になって2度流したいと思うかもしれませんが、1度流すだけでも充分に流すことができます。
また、音が気になるのであれば、消音グッズを使ってみてはいかがでしょうか。


節水グッズを設置する

節水を意識する人のために、多くの節水グッズが発売されています。
トイレで使えるものももちろん多種類にわたり、目的やトイレのタイプに合わせたものが選べますので、ぜひ導入してみてください。いくつかをご紹介します。

・水洗トイレ節水器ロスカット
水洗トイレ節水器ロスカットは、給水タンクの中にあるボールタップに取り付けて節水効果を出すタイプです。
レバーを引いてトイレを流すわけですが、普段は「もう流れたのにいつまで流れるんだ…」と思うくらいに長い時間、水が流れますよね。

水洗トイレ節水器ロスカットはその「いつまで…」の部分をカットできます。
つまり、必要な分だけの水を給水タンクから出せるグッズだということです。

取り付けには多少手間がかかるかもしれませんが、難しいことではありませんので、ぜひ取り入れてみてください。
最大で水量を30%カットできたという声もあります。

・ウォーターセーバー
ウォーターセーバーはレバーに取り付けて使うタイプの節水グッズです。
「レバーを引いているときだけ水が流れる」という状態にすることができます。
流れたことを確認したらすぐに水が止められますので、必要以上の水が消費されることがありません。

ウォーターセーバーの節水率は40%にも及ぶことがあり、かなりの節水効果が見込める優秀なグッズです。
取り付けも簡単ですので、すぐに設置できます。

ただ、取り付けができるトイレのタイプに制限があります。
レバーを引いたときに効果を発揮するグッズですので、ボタンで流すタイプのトイレでは当然使えません。
また、給水タンクが高い位置にある場合も取り付けられませんので注意しましょう。


やめたほうが良い節水方法

節水方法は複数ありますが、中でも有名なのは「給水タンクの中にペットボトルを入れる(レンガなど重量のあるものでも)」です。
実際に実行している人も多いようですが、あまりおすすめできません。

給水タンクの中には複数の部品が入っています。
どれもトイレを正常に動かすための大切な部品です。
ペットボトルやそのほかのものを入れることにより、部品が破損することがあります。
そうなると節水どころではなく、トイレの修理が必要になってしまうのです。

また、しっかり流しきれない程度の水しか流せず、結果として詰まりの原因になってしまうケースもあります。
ペットボトルではなく、安全に使える節水グッズを使ったほうが良いでしょう。


トイレの悩みも解決!水道修理業者にご連絡を!

くまもと水道職人は、熊本市、天草市、合志市を、宇土市、人吉市、益城町、大津町はじめ、熊本県内の多くのエリアで出張対応する水道修理業者です。

トイレの節水やお悩み、水回りのトラブル、どんなことでもご相談ください。
24時間365日、いつでも受付可能です。
年中無休でお伺いします。


熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315