熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

蛇口からの水漏れが止まらない!修理の手順と費用目安

2022年06月25日 水回り


「蛇口からの水漏れが止まらないけど、どうすればいいの?」


蛇口から水漏れしているのを見ると、思わず焦ってしまうもの。蛇口からの水漏れは、実は自分でも修理することができます。劣化している部品を新しいものに交換すれば、水漏れの症状が改善できることも多いです。


そこで今回は、蛇口からの水漏れの修理方法や費用の目安についてまとめていきます。



蛇口の水漏れ?確かめ方を確認


まずは、蛇口のどの部分から水漏れしているのかを確かめてみましょう。どこから水漏れしているかを判断できれば、それに合った対処法ができます。


ニップル
4本のネジが付いている部分を「ニップル」といいます。蛇口の中でも1番水漏れしやすい箇所であり、原因はネジの緩みやゴムパッキンの劣化が考えられます。


長く使い続けるとどうしてもネジが緩んだり、サビで内部の部品が劣化したりしてしまうのです。


口のナット部分
蛇口のすぐ下にあるナットの部分からもよく水漏れが起きます。ナット部分からの水漏れは接続の緩みや、内部部品の劣化、経年劣化などが原因に考えられます。


蛇口のナット部分は頻繁に使用する場所なので、どうしても劣化するのが早いのです。内部の部品が摩擦で劣化したり、経年劣化による老朽化で水漏れを引き起こしたりしている場合があります。


給水ホースとの接続部分
給水ホースと蛇口との接続部分から水漏れすることもあります。原因として挙げられるのが接続の緩みや部品の劣化、ホースの損傷などです。


1番に考えられるのが接続の緩みでしょう。頻繁に使うことで部品がずれて、緩みができてしまい、その部分から水が漏れてしまうのです。


蛇口の修理方法


蛇口からの水漏れは自分でも直すことができます。ここからは自力で修理する方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


ニップルの交換方法
ニップルを交換する方法はとても簡単なので、素人の方でも手軽に行うことができます。まずは、古いネジを緩めてナットと吐水口を取り外してください


次に新しいニップルを取り付けて、元のように組み立てるだけです。


パッキンの交換方法
まずはナットとホースの接続部分を取り外してください。取り外したら内部の部品が見えるので、パッキンを取り外して新しいものと交換します。


後は、逆の手順で組み立てなおして、正常に水が流れるか確かめたら完了です。


ただし、パッキンにも上下の向きがあるので間違えないように注意してください。下のように組み立てるのに自信がない人は、スマートフォンで撮影しながら行うと良いでしょう。


給水ホースを交換する方法
まずは古い接続ジョイントとホースを外します。新しい部品を蛇口に取り付けて、洗濯機側のジョイントもあわせて交換しましょう。


新しいホースを取り付けて正常に水が流れるか確認したら完了です。給水ホースなどはホームセンターやネット通販などでも販売されているので、手軽に手に入ります。


蛇口の修理で気を付けるポイント


蛇口の修理は知識や技術のない一般の方でも比較的行いやすいです。しかし、失敗するとより水漏れの被害が広がる可能性があります。


水漏れを改善させるどころか、より高い修理費用がかかる場合があるので十分に注意しなければいけません。


部品はなくさないように気をつける
蛇口の中にはナットやビス、パッキンなど小さな部品が組み込まれています。部品をなくすと正常に組み立てられなくなり、蛇口もうまく作動しなくなります。


修理する際は小さな部品をなくさないように注意してください。小さな袋などに取り外した部品をまとめて入れておくといいですよ。


配管を傷つけないように気をつける
配管にも注意が必要です。配管自体が老朽化している場合は、蛇口の交換作業をしている際に給水管を傷つける可能性があります。給水管を傷つけると素人の力には負えないので業者に依頼しなければいけません。


配管にトラブルがあった場合、修理費用が高くつく場合があるので蛇口を交換する際は十分な注意が必要です。10年以上使用している場合は、配管が老朽化している可能性が高いので、より注意して蛇口を交換することが大切です。


止水栓を閉める
蛇口の交換作業をする際は、止水栓を閉めましょう。


止水栓を閉めてから行わないと、ずっと水が漏れ続けることになるので作業も進みませんし、水道料金もどんどん高くなっていきます。


近くに止水栓が見つからない場合は、元栓を閉めても大丈夫です。ただし、元栓を閉めると家中の水道が使えなくなるので注意してください。集合住宅の場合は勝手に止水栓を止めるとトラブルに発展する可能性があります。


まずは、管理人や管理会社に確認して、止水栓を閉めてもいいか了承を得てから閉めるようにしましょう。


もし、自分での修理に自信がない人は業者に依頼すると良いでしょう。業者に依頼すると費用はかかりますが、安全にスピーディーに対応してくれるので、すぐに蛇口を直してくれるでしょう。


蛇口修理の費用相場


蛇口修理を水道業者に依頼した際に気になるのが「費用」です。蛇口修理にいくらかかるのかの費用相場ですが、一概に〇〇円と断言することはできません。


なぜなら、症状などによって修理費用が異なってくるからです。一般的に症状が軽いものであれば、4000円から5000円程度で対応してくれることが多いです。一応の目安として把握しておいてください。


パッキンなどの交換だけで水漏れが改善されない場合は、水栓本体に問題があるのかもしれません。水栓を交換する場合は、本体費用と作業費用などがかかるので、より高い費用が必要になります。
一般的には本体価格が20,000円程度、取り付け工賃が7000円から15,000円程度が相場だとされています。合わせると27,000円から35,000円程度が相場だと言えるでしょう。


このほかにも、土日祝日や夜間の時間帯に依頼すると時間外料金がかかります。急を要する修理でない場合は、できるだけ平日の昼間から夕方に修理を依頼した方が良いでしょう。


複数の水道業者に見積もりを依頼する
適正価格で修理してもらうためにも、複数の水道業者に見積もりを依頼しましょう。たくさんの水道業者がありますが、すべての業者が信頼できるわけではありません。なかには悪徳業者も紛れ込んでいて、高い修理費用を請求してくる場合もあるのです。


修理を依頼する際は、複数の水道業者に見積もりを依頼してください。複数の水道業者に見積もりを依頼すれば、そのエリアの相場が分かりますし、悪徳業者に騙される可能性も低くなります。
ただし、あまりに安過ぎる金額を提示してきた業者には注意しましょう。


見積もり時点では安くても、結局支払い時になって追加料金が勝手に請求されていたり、適当な理由をつけて高額な修理費用を請求してきたりする場合があります。


相場よりも安い価格で見積もりを出してきた業者には、なぜここまで安くできるのか、追加費用は本当にかからないのかなどを確認しておきましょう。詳しく説明できる業者であれば信頼度は高いですが、説明をあやふやにしてくる業者は信頼できない可能性が高いので依頼するのはやめたほうがいいです。


まとめ


今回は蛇口の水漏れの対処法や費用相場についてまとめていきました。蛇口の交換は比較的素人でもDIYでやりやすいです。


ただし、10年以上使用している場合は配管の劣化が考えられるので、十分に注意して作業しなければいけません。無理矢理自分で交換しようとすると配管を傷つけて、より高い修理費用が必要になることもあります。


また、蛇口の交換をする際は気をつけなければいけないポイントがあるので、上記でご紹介した内容を参考に作業してみてください。少しでも不安な場合は、水道業者に依頼することをおすすめします。



監修者

監修者の写真

主任

平野 勝

《略歴》

2017年株式会社N-Visino入社後、弊社指定の水道メンテナンス研修プログラムを履行。
水回りの小さなトラブルから建物全体のメンテナンス、リフォームに至るまで、水に関わるあらゆるお悩みをお客様の目線に立ち、お客様とともに解決してまいりました。
年間約600件の現場へ実際に立ち会い、培った水のプロフェッショナルとしての経験を活かし、当コラムでは水にまつわる幅広い知識を届けたいと考えています。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315