熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » 熊本で水道管凍結のリスクに対処するには

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

熊本で水道管凍結のリスクに対処するには

2021年01月27日 水道管のトラブル
くまもと水道職人2

熊本でも備えておきたい冬の対処策

熊本県は古くから火の国などとも呼ばれ、真っ赤なトマトが育つなど温暖で日照にも恵まれた地域です。
ですが、近年は地球温暖化の影響か、全国各地で異常気象が相次いでおり、温暖な九州地方でも雪が降ったり、思わぬ寒波が襲来することが増えてきました。
ですが、寒さが厳しいのが当たり前の雪国とは異なり、いつ雪が降るか、寒さが押し寄せるのかは予想が尽きません。

だからこそ、厳しい寒さの到来で水道管が凍結すれば、突然のことに驚き、焦り、困ることになるでしょう。
熊本県では水がきれいなために井戸水を使っている地域も多く、水道管が凍結する経験をしたことがない方も多いので、一体どなるのか想像がつかない方が多いかもしれません。

まず、水道管が凍結すると水が出なくなります。
ひどい時には水道管に亀裂が入って水漏れしたり、水道管が破裂して水が噴き出し、大きなトラブルに発展するリスクさえあります。
アパートなどの共同住宅の場合なら、隣室や階下にまで影響が出るので、いっそう注意が必要です。

アパートの2階で水漏れや破裂が起これば、階下へと浸水するリスクがあるからです。
アパートの天井や床など借りている部屋から、階下の部屋、階下の住人が所有している家電製品や家具や衣類などを水浸しにする虞があります。
破裂や水漏れまで至らなくても、朝起きたときに水道管が凍結して水が出ないと、活に支障がでます。
顔を洗えない、朝食やお弁当が作れない、歯磨きできないなど、仕事や学校に行くにも困りものです。
だからといって、水道管を溶かそうと熱湯をかけてはいけません。

熊本県に長くお住まいの方は水道管凍結の経験がほとんどないために、思わず、熱湯をかけてしまうかもしれません。
ですが、熱湯をかけると急激に温度が変化することで水道管に亀裂が入ったり、破裂して水が噴き出すことがあるので注意が必要です。
水を出すにはタオルで水道管を包んだ状態でぬるま湯を少しずつかけるか、ドライヤーの温風を当てて徐々に溶かす方法がベストです。

時間の余裕があれば、熊本県の気候なら日中に日差しが出て気温が上がれば、自然に溶けて水が出るようになります。
もっとも、再び夜に冷え込むと翌朝また凍結する虞があるため、朝から思わぬトラブル対処で困らないためにも、水道管の凍結防止対策を行っておくことがおすすめです。

水道管の凍結は深夜から早朝に起こりやすい

氷点下4℃を下回ると水道管の凍結リスクが高くなります。
雪の予報や霜注意報、朝の気温が氷点下になるといった天気予報が出た際は要注意です。
お住まいの環境や水回りの位置、水道管の設置状況によっても凍結リスクに差があります。
北側の立地や建物の日陰で日照が少ないお住まい、洗面所や浴室などの水回りが北側にある、水道管がむき出しになっていると凍結リスクが高いです。

また、水道管の凍結は人々が寝静まる深夜から早朝にかけて起こりやすくなります。
深夜から早朝にかけては気温が大きく下がるうえ、寝ている間はキッチンや浴室、洗面所、トイレなどの水回りはほとんど使われないことから、室温も下がり、水道も使われないため、水道管が冷えて中に入っている水が凍ってしまうのです。

近年の異常気象を考えれば、熊本県にも思わぬ寒波が襲来するリスクがあります。
水道管凍結による思わぬトラブルを防止するためにも、冬に向けて凍結防止策を行っておきましょう。

水道管の凍結を防ぐには

寒さが厳しい地域と異なり、熊本県ではいつ厳しい寒さが到来するか予想がつきづらいです。
だからこそ、冬に向けて事前準備をしておくことが大切です。
屋外に設置されている水栓をはじめ、水回りの水道管や、むき出しになっている水道管の保温を行いましょう。

やり方は難しくはなく、時間さえあれば、直ぐに対処できます。
破れたタオルや緩衝材などを巻き付けたり、穴が空いたTシャツや毛糸やフリース素材の帽子などをくりぬいて筒状にしてかぶせればいいだけです。
水道メーターボックスには、隙間に砕いた発泡スチロールやボロ布などを詰めて保温してください。
家にある要らないものを使えるので、費用もかかりません。

厳しい寒さが到来する予報が出たら

熊本県雪の予報や霜注意報が出たり、氷点下に下がる天気予報が出たら、夜寝る前にも対策を講じましょう。
まず、水道の蛇口を開いて、水を出しっぱなしにします。
ポタポタ、チョロチョロ程度で構いませんので、水道代が大きくかさむ心配はありません。

続いて、ガス給湯器に通っている給水管の凍結防止策を図りましょう。
追い焚き機能付きなら、温度を最低の35度に設定したうえで、追いだきスイッチを入れっぱなしにします。
追い焚き機能がない場合は浴槽の栓を外し、水をポタポタと出しっぱなしにしてください。
凍結防止装置がついているガス給湯器であれば、自動的に凍結防止機能が働いてくれるので安心です。

水道管の凍結でお困りなら

くまもと水道職人では熊本市、八代市、人吉市、水俣市、菊池市、阿蘇市、合志市など熊本県全般で水回りの問題を解決している水道局指定の水道修理の専門業者です。
地域密着をモットーとする業者として、水道管の凍結で水漏れが起きたり、水道管が破裂してお困りの際には直ぐに駆けます。
水道管の凍結をはじめ、キッチンやトイレ、浴室や洗面所、給湯器の詰まりや水漏れなど水回りのトラブルでお困りの際は、くまもと水道職人をご用命ください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315