【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » 水道管が凍結!寒冷地以外も気を付けたい水道事情

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管が凍結!寒冷地以外も気を付けたい水道事情

2021年06月21日 水道管のトラブル


気温がマイナス4℃を下回ると水道管の凍結トラブルが増加します。寒冷地ではよくある気温ですが、対策をしていても水道管が凍結することがあり、いかに厄介な現象であるかが分かります。

水道管が凍結したとき、どのような対処方法があるのでしょうか。寒冷地以外にお住まいの人も、急な冷え込みでいつ凍結するか分かりません。ぜひ1度対処方法をチェックしてみてください。

冷え込み注意!水道管の凍結や破裂が起きてしまったら

暖かい地域に住んでいると、水道管の凍結はあまり気にならないかもしれません。とはいえ、近年の気候は不安定です。いつ強い冷え込みが襲い来るか分かりません。いざ凍結というときに誤った対処をすると思わぬ重大トラブルに発展してしまうことがあります。凍結トラブルを解消しようとしたものの、望ましくない手段を使ったがために水道管を破損してしまうケースもあるのです。

水道管の凍結が起きてしまったときには、よほど緊急を要さない限り、自分で解凍できると考えて差し支えありません。水道管や蛇口の凍結に気付いたら、まずは以下の方法にトライしてみてください。

1.そのまま放置しておく(ただし1日程度が限度)
要は、「何もしない」ということです。これはトラブル解決を放棄したわけではなく、「気温が上がる時間になったら自然に解凍することがある」という事実があるからです。夜中や朝に凍結したのであれば、天候によっては翌日の日中に気温が上がることにより、凍結した部分が解凍される可能性が高くなります。

ただ、これは1日程度の時間にしましょう。何日も凍結した状態が続くのは、水道管にとって良い状態ではありません。内部の凍結が進行すると、水道管が膨張して破裂する危険も考えられます。破裂してしまうと修理や交換が必要になり、手間や高額の費用が発生してしまいます。

2.お湯をかけてみる
家の中に使える水があり、お湯を沸かせるのであれば、50℃前後のお湯を凍結した水道管や蛇口にかけてみましょう。これで、解凍するケースも多々あります。注意点としては、あくまで「50℃前後」です。いわばぬるま湯です。沸騰するような高温のお湯をかけてしまうと、水道管や蛇口が破損する原因になります。

3.ドライヤーを当てる、暖房をつけて家屋をあたためる
凍結した部分に、直接熱を当てるのも効果があります。また、エアコンやヒーターなどの暖房器具を稼働させ、家屋全体の温度を上げるのも良いでしょう。伝わった熱が水道管をもあたため、凍結が解除できる可能性があります。

ここまでは凍結に焦点を当ててご紹介してきましたが、凍結トラブルは水道管が破裂してしまうこともあります。水道管が破裂すると非常に危険ですし、日常生活も不便になってしまいます。水道管の破裂を見つけたら、まずは元栓を必ず閉めましょう。凍結が解消された瞬間に水が噴き出してしまいます。そのあと、水道局指定店として営業する水道修理業者へ修理依頼をしてください。

水道管の破裂には修理や交換が必要になりますが、破損部分を止水テープで巻くような簡単な応急処置以外は資格が必要です。水道局指定店の水道修理業者であれば、必ず資格を持っていますので、水道管に異常が生じたときには速やかに連絡を入れましょう。水道修理業者が分からない、どうしたらいいのか判断できないという場合には、お住まいの自治体にある水道局へ相談してみてください。

気になる費用は保険を確認

水道管の破裂は、必ず修理・交換が必要です。ほとんどの人が、水道修理業者へ依頼することになるでしょう。そうなると気になるのが、費用面です。水回りの修理費用は高額になってしまうこともあるという噂を聞き、突然の出費にすぐに対応できない!と考え、依頼を躊躇うかもしれませんが、それでは生活に悪影響が出てしまいます。

そこで、確認しておくべきなのは、加入している火災保険の特約です。火災保険の中には家屋の修繕費用を賄える、特約がついている場合があります。賃貸住宅にお住まいならほぼ必ず加入しているはずですので、自分では分からなくても、賃貸管理会社や大家さんに連絡を入れてみてください。

持ち家にお住まいの人なら、火災保険をはじめ、加入している損害保険の確認をおすすめします。とくに、住宅金融公庫から融資を受けている人は必ずチェックしましょう。
融資を受ける際に、必ず加入する火災保険があったはずです。

その中に、「水道修理費用保険金」があるため、最大で10万円までの補償が受けられます。また、凍結によって家屋に被害が出た場合には、特約の「水ぬれ」項目にあたるため、こちらも審査に通れば補償が可能です。

また、手元にすぐにお金を用意できないというときには、分割払いや後払い、クレジットカード払いなど、その場で現金払い以外の決済方法を用意している水道修理業者を探してみましょう。今は、複数の支払い方法に対応している業者も多くなっています。

水道管の凍結にも対応!プロの水道修理業者が迅速対応

くまもと水道職人は、八城市、玉名市、宇城市、阿蘇市をはじめ、熊本県内の広域へ出張対応する水道局指定店です。地元密着を心がけ、お客様に安心してご依頼頂けるサービスを心がけています。思わぬ凍結トラブル、水回りの気になる点など、24時間いつでも受付可能です。お見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315