【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » トイレ詰まりの予防対策と解決法を知っておきましょう

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレ詰まりの予防対策と解決法を知っておきましょう

2021年01月27日 トイレのつまり
くまもと水道職人7

便座に座ったりしゃがんだりするときは注意を

洋式・和式トイレの両方に言えることですが、便器内に携帯電話やスマホ、ライターなどを流してしまう人が稀にいます。
これらは固形物なのでパイプクリーナーなどの薬品では溶かせません。
超強力なピーピースルーを使用しても溶けないので、取り出す以外に対処法はないのです。

便器内の見えるところにあるなら直接取り出せますが、奥まで流れたと考えられるときはスッポンを使いましょう。
目に見えるところに固形物があるときは、要らないものでも取り出してください。
たとえば使用済みのライターや消臭剤のキャップなどは、取り出すほどではないとそのまま流してしまう人がいます。
それほど大きいものでなければ排水管内を流れていく可能性がありますが、どこかで詰まる可能性もあります。
リスクがある行為ですから、面倒という理由で流さないようにてください。
プラスチック製のおもちゃ、消臭剤のキャップなどにも注意しましょう。

スッポンで引き上げられれば問題なし

固形物はスッポンで取り出せることがあります。
吸引するとき汚水が逆流してくる可能性があるので、床に新聞紙を敷くなど工夫しましょう。
はじめてスッポンを使用するときは、高確率で汚水が跳ねると考えてください。
何度も使用していると慣れてきますが、自信のない方は水道修理業者に依頼するのが得策です。

ラバーカップによる方法は完璧ではなく、取り出せない可能性もあります。
何度か試して無理だと感じたら、まずは作業を中止してください。
続ければ続けるほど詰まりが進行し、解消が難しくなってくるからです。
便器から排水口をやや通り過ぎた程度ならスッポンが効果的ですが、詰まりが深くなるほど難易度は上がります。

水道修理業者に依頼する場合、詰まりの深度や度合いによって料金が変わることが多いです。
費用を抑えて修理するためには、早めに依頼することが重要です。
固形物を落としてしまった、いつもとは症状が異なる詰まりが発生している、などの状況では水道修理業者を呼ぶのが得策でしょう。

流していいもの・悪いものとは

トイレに使用してもまったく問題がないのはトイレットペーパーだけです。
それ以外は流せる系であっても、あまり流さないほうがいいのです。
掃除のときに使用するトイレクリーナーやお掃除シートなどは流せるタイプがありますが、トイレットペーパーより繊維がほぐれにくい性質があります。
ティッシュペーパーに関しては原則として溶けないので、絶対に流さないようにしてください。

お客様のなかには、トイレは何でも流せると考えている方がいます。
家庭ゴミを減らすために、鼻をかんだティッシュペーパーを便器に捨てるという方がいますが、これも詰まりの原因になります。
生理用ナプキン、おむつ、ペットシートなども避けてください。
ハンカチやおしりふきなど、比較的小さなものでも詰まりの原因になります。
水に溶けないものであっても、サイズが小さければ排水管を通過していくケースが多いですが、ある程度サイズが大きくなると難しいです。
排水管が完全に塞がってしまうと、まったく水が流れなくなります。

流れそうで詰まるものとは?

ペットのトイレ砂は流れそうなイメージがあるかもしれません。
同様にペットの排泄物もOKと考える方が多いですが、人間のそれとは性質が違います。
ペット用の砂や排泄物を流すと詰まる可能性があるので、くれぐれも流さないようにしてください。
食べ残しや嘔吐物なども流すのは避ける必要があります。
基本的に水回りの設備というのは、モノを流すところではありません。
洗面所などはほとんどモノを流さないでしょうが、それでも汚れは溜まっていくのです。
トイレに食べ残しや嘔吐物などを流すことが習慣化すると、流した瞬間は問題なく流れても、将来的に詰まりを招く可能性があります。
油分が排水管に付着してドロドロになれば、管が細くなってしまうのです。

いつもと違う異音が発生したら要注意

トイレのトラブルは異音となってあらわれることが多いので、いつもと違うと感じたときは水道修理業者を呼びましょう。
トイレットペーパー詰まりは時間が解決してくれますが、その確率は100%ではありません。
配管内で球状になって詰まると、放置しても流れないことがあります。
便器内には何もなくても、見えない部分が詰まっているケースは多々あります。
水の流れがなんとなく悪いと感じたときは、早急にプロにまかせましょう。
放置すると設備の故障を招き、詰まり以外にも水漏れを発生させる可能性があります。
トイレの寿命自体も短くしてしまうので、費用対効果を考えてもプロに依頼したほうがいいのです。

くまもと水道職人では熊本市、八代市、天草市、玉名市などの熊本県全域でトイレの詰まりを解消しています。
便器内にトイレットペーパーや固形物などが見えている状態であればお客様で解決できることが多いですが、見えない状態にあるならプロにまかせたほうが安全です。
くまもと水道職人は水道局指定店であり、地域のお客様から高い評判をいただいています。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315