【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » トイレに異物を流してしまったときの処置方法

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレに異物を流してしまったときの処置方法

2021年03月26日 トイレのつまり
トイレに異物を流してしまったときの処置方法
トイレを利用しているときにスマホを落としてしまった、トイレを掃除しているときに鍵を落としてしまったなど、異物をトイレに落としたことがある人もいるでしょう。
本来なら流してはいけない異物を流したせいで、トイレが詰まってしまうこともあります。
そこで今回は、トイレに異物を落としたときや、異物を流してしまったときの処置方法を解説していきます。

まずは便器に流せる物と流せない物を知る

最初に知っておくべきことは、便器に流してよい物と、流してはいけない物です。
基本的にトイレは人間の排泄物以外の物を流すところではないので、他の物は流してはいけません。
トイレで使用する物と言えば、トイレットペーパーになりますが、最近は便器に流せるお掃除シートなどもあります。
これらの物は便器に流してもよいのですが、注意しなければいけないことがあります。
それは、たくさんの量を一気に流さないことです。
たとえトイレットペーパーであっても、流す量が多すぎると詰まる原因になります。
どうしてもたくさんのトイレットペーパーを使用しなければいけない事態になったら、少量ずつ数回に分けて流すようにしましょう。
これだけでもトイレが詰まってしまう確率を下げることができます。

次に覚えておくのは、流してはいけない物についてです。
例えばティッシュペーパーや生理用品、食べ残しなどは流しても大丈夫なように思えますが、水に溶けるように作られていないので、流すと詰まってしまう可能性があります。
固形物は当然詰まりの原因になるので、絶対に流さないようにしましょう。
できればトイレを利用するときや、トイレの掃除をするときには、落としそうな物を持ち込まないようにするのがベストです。

トイレに異物を落としたら正しい手順で取る

トイレに異物を落としてしまった場合には、正しい手順で取らなければいけません。
もし物を落としてしまったら、最初に排水桝を遮り、止水栓を閉める作業を行います。
止水栓はトイレに設置されているのが一般的なので、すぐに見つけられるでしょう。
しかし、排水桝は通常外にありますし、小型のマンホールの内部にあるのが一般的なので、まずはマンホールのふたを開ける作業をしなければいけません。
集合住宅に住んでいる場合には、排水桝のあるマンホールがわかりにくい場合もあるでしょう。
もし発見できない場合には、すぐ水道修理業者に依頼をした方が無難です。
止水栓は蛇口をひねれば簡単に閉められるタイプもありますが、中にはマイナスドライバーを使用しなければいけないタイプもあります。
どちらのタイプであるのかも事前に確認しておくと、万が一のときにも慌てず対処できるようになります。

排水桝を遮り、止水栓を締めたら、まずは手で取れる状態なのか確認してみましょう。
手で取れそうであれば、長いゴム手袋をはめて取ります。
もし取れない場合には、真空ポンプクリーナーを使用するのがおすすめです。
中にはスッポンと呼ばれているラバーカップを使うとよいという人もいますが、落とした物によってはさらに奥に流れてしまう可能性があるので、あまりおすすめはできません。
真空ポンプクリーナーであれば、ラバーカップのように押し込むという動作を行わないので、落とした物を奥に押し込む心配もないでしょう。
ただし、スマホやガラケーなど、ある程度重い物の場合には、真空ポンプクリーナーを使うと便器の破損に繋がる可能性もあるので、手で取れない場合には業者に依頼するべきです。

異物を落としたときにやってはいけないこと

万が一便器に異物を落とした場合、絶対にやってはいけないことがいくつかあります。
トイレに落とした物が、たとえとても小さな固形物であっても、小さいから問題ないだろうと安易に流してはいけません。
排水管が汚れていた場合、汚れに引っかかって詰まってしまう可能性もありますし、排水管はカーブしている部分も多いので、カーブしている箇所に引っかかる可能性もあるからです。
たとえ小さな物であっても、必ず取り除くようにしましょう。
他にも便器に物を落としたときに、パイプクリーナーを使用する人もいるかもしれませんが、パイプクリーナーは使用するべきではありません。
パイプクリーナーは、ヘドロや髪の毛などを溶かすために使用する薬剤なので、固形物を落とした場合には効果がありませんし、水で流す必要があるため、さらに異物を奥に流してしまうことになります。
これらの行為をすると、トイレが詰まってしまう可能性があるのでやめましょう。

異物の除去にも応対してくれる

便器に異物を落としてしまい、自分ではどうにもならなくなったら、くまもと水道職人まで連絡をしてください。
天草市や玉名市、八代市や宇城市、山鹿市など出張範囲も広いですし、すぐに駆け付けることも可能です。
自分で取り除ける場合には問題ありませんが、奥まで異物が入り込んでしまった場合、無理に取ろうとすると余計に奥へ押し込んでしまう可能性もあります。
より酷い状態になれば、それだけ料金も高くなってしまうこともあるので、トイレに異物を落としてしまったことに気づいたら、できるだけ早くご相談ください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315