【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » トイレの便器が詰まる原因とは?詰まりの前兆を知って対処しよう!

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの便器が詰まる原因とは?詰まりの前兆を知って対処しよう!

2021年03月22日 トイレのトラブル
くまもと水道職人3

トイレの水が流れづらいことはありませんか?

トイレの水が流れづらい、水が溢れてきそうになる、そんなことはありませんか?流れづらいトイレの流れは、時間がたつとおさまることもあります。しかし、放っておくと詰まりが悪化して便器から水が溢れ出すこともあります。そうならないためにも、少しでもいつもと違うと感じたら早めに対処する事が必要です。

トイレの便器が詰まる原因とは?

トイレの詰まりは、便器に物を落としてしまった場合と、何かしらが原因で詰まりが徐々に進んでいく場合があります。たとえば、スマホやアクセサリー、メガネ、ペンなどを落とした場合です。すぐに気付くので、ゴム手袋をして素手やラバーカップ(スッポン)などを使って取り出せないか試してみてください。子どもがおもちゃやタオルなどを落としてしまった場合は、気づかないこともありますので、日頃からトイレに物を持って行かないよう注意しておくことが大事です。

そして、ペットの糞や猫砂をトイレに流す時に注意が必要です。犬や猫の糞を一気にトイレに流すと、詰まる原因になります。猫砂を流す時は、水に溶けるかどうか必ず確認してください。また、水流の勢いが弱いとトイレットペーパーが異物に蓄積していくケースもあります。この場合は徐々に進行していくので、流れづらいなどの症状があったら、悪化する前に対処することをおすすめします。

トイレ詰まりの前兆

以下のような症状があったら、トイレが詰まる可能性の前兆として注意が必要です。トイレ詰まりの前にはいろいろな症状があらわれます。その前兆をあらかじめ知っておけば、詰まる前に予防することも可能です。

・タンクからの流れは正常だけど便器の流れが悪い
タンクの水の流れは正常でも、便器の水流に勢いがない場合はトイレの詰まりがおこっているのかもしれません。他の異物を巻き込んで悪化させる恐れがあるので対処が必要です。程度が軽い場合は、トイレットパーパーが詰まっている可能性があります。便器に60℃以下のぬるま湯を流し込んでみましょう。
お湯によって、トイレットペーパーが溶けて解消される場合もあります。熱湯を流すと便器が破損する恐れがありますので注意しましょう。それでも解消されない場合は、ラバーカップ(スッポン)を使ってみてください。症状が改善されないという場合は、悪化する前に専門業者に相談しましょう。

・水を流した時に水位が上下する
水を流した時に流れにくいほかに、水位をチェックしてみてください。チェックするポイントは、水位が高くなっていないかどうかです。異物が詰まっている場合は、水位が安定しなくなることがあります。時間がたってみて元に戻る場合は、完全に詰まっている状態ではありません。
しかし、水位が戻らないようであれば完全に詰まっている可能性が高いです。このような状態でさらに水を流すのは避けてください。詰まりがひどいと便器から水が溢れてくる可能性があるので要注意です。便器の水位が上がる場合は、お湯やラバーカップは使わずに、早急に専門業者に依頼するのをおすすめします。

・タンクからの水流が少ない
タンクから出る水が、いつもより勢いがない、水量が少ないという場合は、タンク側の問題であることがほとんどです。水の勢いが弱いと汚物やトイレットペーパーのカスなどの汚れが蓄積して、つまりの原因となります。タンクの水流が弱いと感じた場合は、タンクの内部をチェックしてみてください。
フロート弁(ゴムフロート)などが正常に機能していない場合は、タンクに水が溜まらなくなっている場合もあります。また、異物が挟まっていないかもチェックしてみてください。逆にタンクの水が便器に流れっぱなしになる場合は、水道料金が高くなりますので、早めに対処しましょう。

・異音がする水を流した時に「ゴボゴボ」
「コポコポ」などの音が頻繁にするようになった場合は、異音が発生している箇所を特定してみましょう。便器の中で異音がする場合は、異物が原因で音がしているかもしれません。便器の下の方からの異音は、排水管に異変が起きている可能性もあります。排水管の異変は自分で修理するのは難しいので、専門業者に相談してみましょう。

トイレの詰まりの予防法

トイレの詰まりは徐々に進行することが多いものです。いつもと違った症状がみられたら、早めに対処しましょう。普段の使い方によって予防することも可能です。トイレットペーパーを大量に流すのは避けたほうが良いですが、流す場合は必ず大洗浄で流すなどの習慣をつけると良いでしょう。

また、トイレのパイプ専用洗剤などを定期的に流すのも効果的です。異物を落とさないように、注意することも大事です。原因不明のトイレ詰まりや、異物を詰まらせて自分で対処できそうにない場合は、早めに業者に連絡して点検してもらってください。

くまもと水道職人は、熊本市をはじめ、八代市、玉名市など、熊本県全域の水のトラブルに24時間365日対応しています。トイレやお風呂、キッチンなどの水に関するお困りごとは、お気軽にくまもと水道職人にご連絡ください。実績豊富なスタッフが現場に駆け付け適切に対応いたします。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315