【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » 給湯器からの水漏れは危険なので早急に対処する

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器からの水漏れは危険なので早急に対処する

2021年03月26日 給湯器の水漏れ
給湯器からの水漏れは危険なので早急に対処する
水漏れは、水が通っている場所であれば発生する可能性があります。
もちろん給湯器も例外ではありません。
もし給湯器から水漏れが確認できた場合、危険を伴う可能性があるので、早急に対処が必要です。
そこで今回は給湯器から水が漏れたときの対処法や、なぜ危険なのかを説明していきます。

給湯器からの水漏れを放置すると危険な理由

もし給湯器から水漏れが確認できたら、すぐに対処しないと危険です。
一酸化炭素中毒になる可能性があるからです。
一酸化炭素というのは、ガスが不完全燃焼を起こすと発生するのですが、目に見えない上に無臭なので、気がつかないことが多く、重大な事故にもつながりかねません。

よく冬になると、ストーブの不完全燃焼で一酸化炭素中毒になったというニュースを目にすることもあるでしょう。
このような現象が給湯器からの水漏れが原因で発生することもあるのです。

給湯器は名前の通り、水をお湯にするために設置されています。
水を温めるためにガスバーナーが使用されており、このガスバーナーに水漏れをした水が付着してしまうことで不完全燃焼を起こし、一酸化炭素が発生します。
家によっては給湯器が屋外に設置されていることもありますが、屋外であっても窓を開けてしまえば室内に一酸化炭素が入ってしまうので、当然一酸化炭素中毒になることも考えられます。
このような事故を防ぐためにも、給湯器の水漏れは早急に修理する必要があるのです。

マンションのような集合住宅で水漏れは厳禁

最近はマンションが増えていますが、集合住宅で水漏れが発生してしまうと、下の階にも影響を及ぼす危険性があります。
特に給湯器は、最初水漏れを発見したときには少ししか水が漏れていなかったけれど、いきなり大量の水が噴き出してきたという現象も起こる可能性があります。
そうすると下層階にも水が浸透してしまい、大きなトラブルに発展してしまうかもしれません。
もし留守のときに水漏れが激しくなり、帰宅したら水浸しになっていたとしたら、当然下層階だけではなく自宅にも影響が出ます。

水浸しのまま放置しておくと、建物の劣化を早めてしまいますし、カビが発生しやすくなります。
カビが生えてしまうと、表面を掃除しただけでは完全に除去することができません。
床や壁紙の張り替えが必要になるケースも多く、修繕費が高くついてしまうでしょう。
下層階にも被害が出れば、当然賠償責任も発生するので、特に集合住宅に住んでいる場合には、水漏れに注意する必要があります。

なぜ給湯器から水漏れが発生するのか

給湯器から水漏れが発生する原因として考えられる理由はいくつかありますが、中でも可能性が高いのは、ゴムパッキンや部品の経年劣化と、配管の凍結です。
ゴムパッキンは消耗品なので、しばらく交換していないと、徐々に水漏れが激しくなることもあります。
他の部品もゴムパッキンほどではありませんが、当然時間の経過でどんどん劣化してくるので注意が必要です。

ガス給湯器自体が古いと、交換部品がすでに販売されていない場合もありますが、売られていない場合には給湯器自体の交換が必要となることがあります。
賃貸住宅であれば、経年劣化による故障やトラブルが発生した場合、管理者側で交換してもらえるのが一般的なので、水漏れなどが発生したらすぐに連絡をしましょう。

また、冬になると配管が凍結することもあります。
特に寒い地方に住んでいる場合や、給湯器が外に設置されている場合には、配管の凍結が発生することがあるのです。
寒い地方ではあらかじめ凍結対策が施されているケースが多いものの、全ての住宅で対策が行われているわけではありませんし、それほど雪が多くない地域であっても、気温がかなり低くなることがあります。

雪が多くない地方では、凍結対策が行われていないケースが多いので、自分で行う必要があるでしょう。
きちんと対策をしていないと、配管が凍結したことが原因で亀裂が入り、亀裂から水漏れが発生します。

配管内に溜まっている水が氷ることで膨張するので、しばらく給湯器を使用しない場合や、天気予報で気温が氷点下になると予想されていた場合などは、あらかじめ水抜きをしておきましょう。
水抜きをしておけば、気温が下がっても水が氷ることはないので、配管に亀裂が入る可能性を大幅に減らすことができます。
配管の凍結や部品の経年劣化以外にも、長期間給湯器を使用しなかったことや、取り付け時にミスがあったことが原因で水漏れをする可能性もあります。

給湯器のトラブルも素早く対処が可能

給湯器からの水漏れは、下層階の住人とトラブルになる原因にもなりますし、一酸化炭素中毒という恐ろしい事故の原因にもなるので、早急に対処する必要があります。
自分で対処するのは難しいので、もし水漏れを発見したら、くまもと水道職人まで連絡をいただければと思います。

出張エリアも熊本市や玉名市、山鹿市や荒尾市、合志市など広範囲に対応していますし、配管の凍結防止策などもアドバイスしています。
給湯器のトラブルだけでなく、水道に関する悩みや相談や気になったことなどもあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315