【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » すぐにメーカーや業者に連絡を!給湯器の水漏れは放置厳禁

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

すぐにメーカーや業者に連絡を!給湯器の水漏れは放置厳禁

2021年08月27日 給湯器の水漏れ


給湯器の水漏れは、発見次第すぐに対処したほうが良いトラブルです。
そのまま放置してしまうと、生命を脅かすような重大な事故に繋がってしまうこともあります。
給湯器から水漏れする原因や、原因ごとの対処方法についてご紹介します。

給湯器の水漏れで考えられる3つの原因

給湯器は水漏れが起こると非常に危険です。
水漏れの原因は何であれ、迅速な対処をする必要があります。
給湯器は経年劣化や凍結、設置時の取り付け業者のミスといった原因で水漏れが起こるケースがほとんどです。

1.経年劣化を起こした
水漏れを起こした給湯器は何年使用していますか?
10年前後だという記憶があるのなら、内部の部品の1つであるパッキンが経年劣化を起こしている可能性を考えましょう。
パッキンの経年劣化は水漏れの代表的な原因です。

パッキンは経年劣化を起こすと硬くなります。
硬くなったパッキンは今まで密着していた周囲と隙間を作るようになり、そこから水漏れを起こしてしまうのです。

解決方法はパッキンを新品に交換するだけです。
ただ、給湯器は10年で本体や部品が廃番になり、メーカー側の在庫がなくなってしまうケースがあります。

10年を超えた給湯器のパッキンをはじめとした部品交換の場合、メーカーに在庫確認をする必要があります。
もし同じものがなくても、後継タイプや代替可能なものを教えてくれます。

また、給湯器本体も10年を経過すれば劣化を起こしやすくなります。
もしも水漏れ以外で不安を感じるような症状が出るようであれば、メーカーに点検依頼をし、必要であれば交換を検討しましょう。

2.配管が凍結してしまった
給湯器内部にある配管が凍結することも水漏れに繋がります。
配管内に溜まっている水が凍結して体積を増し、配管を破裂させてしまうのです。
気温が上がると水が溶け、水漏れを引き起こします。

給湯器の凍結は、寒冷地よりもそれほど寒くない、しかし年に数度厳しい冷え込みに襲われるような地域でよく起こります。
寒冷地は寒冷地仕様の給湯器を使っていますが、それ以外の土地では一般的な給湯器が大多数です。
そのため、厳しい冷え込みを乗り切れないことがあるのです。

こうなると破損箇所の修理が必要になるのですが、給湯器内部の破損を自分で修理することは非常に難しい部類に入ります。
手順や方法を間違えると思わぬ事故が起きる可能性もあり、個人での対応は危険です。

このような場合には、メーカーに修理業者を手配してもらうか、お近くの水道修理業者に依頼をしたほうが安全です。
無理をせず、専門知識を持っている業者に相談してみましょう。

3.設置時の取り付け業者のミス
それほど数が多いわけではありませんが、たまにあるミスです。
給湯器設置作業の際、取り付けを担当した業者が作業ミスをしているケースがあります。

この場合は最初に動作テストやチェックをしているためか、最初はあまり不具合が分からず、順調に動くことがほとんどです。
しばらく経ってから不具合が発生し、水漏れやほかのトラブルを起こします。

このように原因が特定できる水漏れなら素早い対応が可能なのですが、原因が分からないことがあるかもしれません。
その場合はメーカーに連絡し、点検をしてもらったほうが良いでしょう。

DIYが得意な人は、自分で修理してみたいと考えるかも知れません。
最近はネットで水回りのトラブルの修理動画を見ることもできる時代です。
しかし給湯器の不具合に関してだけは、自分での作業を避けたほうが無難でしょう。

もともと給湯器の設置や修理・交換には、国が定めた複数の資格が必要です。
その資格を持っていなければ給湯器の不具合を自分で直すことはできません。

給湯器は操作や扱いかたを間違えると、大きな事故に繋がりかねない作りをしています。
生命に関わるような事故も有り得ます。
だからこそ資格を持った業者だけが、設置や修理・交換を許可されているのです。

メーカー手配の業者ならその資格を持っていることは確実です。
また、水道局に紹介してもらうのも良いでしょう。
自分やご家族の安全のためにも、無理をしないでくださいね。


放置すると事故に繋がりかねない理由

給湯器の水漏れを放置すると危険であるという理由は、内部で水漏れが起きた際、点火したバーナーに漏れた水がかかり、不完全燃焼を起こしてしまう可能性があるためです。

不完全燃焼が起こると一酸化炭素が発生する危険性があります。
そのまま一酸化炭素中毒になってしまうかもしれません。
一酸化炭素中毒は生命を奪うこともある危険な状態です。
給湯器の水漏れは決して放置せず、必ず早めに対応しましょう。


給湯器の水漏れは一大事!水道修理業者が迅速に駆け付けます

くまもと水道職人は、熊本市、天草市、合志市、あさぎり町、山都町、八代郡など、熊本県内の多数のエリアへお伺いする水道修理業者です。

給湯器の水漏れにもスピーディーに対応します。
24時間いつでも受付可能、緊急トラブルにも迅速に駆け付けます。
水回りでトラブルが起きたら、お気軽にご連絡ください。


熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315