【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » 洗面所の水の濁りについて原因と対処方法

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の水の濁りについて原因と対処方法

2021年05月04日 洗面所のトラブル


洗面所の蛇口から出る水が濁った経験ありませんか

洗面所の蛇口をひねるとたまに透明ではなく、濁った水が出てくる事があります。濁った水が急に出てきて困った経験はありませんか。今回は、水が濁る原因や、対処方法についていくつかご紹介していきます。

まず濁った水が出た場合の対処方法

濁った水が出た場合は、基本的にある程度水を流し続けると解消するケースが多いです。そのため、とりあえずしばらく水を流し続けて様子を見てみると良いでしょう。一定の時間流し続けたら透明な水が出てくるというケースでは問題がないケースが多いです。

なぜ濁った水が出る?色によって異なる原因~白く濁るケース~

ではなぜ濁った水が水道から流れてくるのでしょうか。水が濁るケースでは、その水の色によって原因を絞っていけます。

まず、一番よくあるケースが、白く濁った水がでるケースです。たとえば朝水道からお湯を出した時に、白っぽく濁った水がしばらく流れ続けるという経験はありませんか。これは、空気を含んだ気泡によって白く見えているだけですので空気を含んだ水のため無害です。不純物が混ざったものではなく、お湯が白く濁る際は、給湯器内で水が急に温められることで水に溶け込んだ空気が飽和して気泡となるために白く見えるのです。

また、水の場合も水道工事などで圧力が変化すると水に溶け込んだ空気が気泡となって出てくることで水自体も白く濁って見えるケースがあります。容器などに注げば、一定時間たつと気泡が抜けて透明に見えてくるので問題ない水、お湯であることが判断できるでしょう。

ただ、容器に注いで一定時間をすぎてもまだ白く濁っている場合は、気泡ではなく他の原因が考えられます。その多くは亜鉛による原因が考えられ、給水管に亜鉛メッキ鋼管が使われているご家庭では、亜鉛が溶け出して白く濁るケースが見られます。

亜鉛自体は大量摂取さえしなければ身体に害のあるものではありません。実際に口に含んで特に変な味がしなかったり、臭いも特に気にならなかったりする場合は飲用にしても構いません。ただ、味が変だったり臭いがおかしかったりする場合は、亜鉛メッキ鋼管が老朽化している恐れもあります。給湯管を交換するなどして業者に対応してもらいましょう。

赤茶色に濁っているケース

白く濁るケースは良く見られる現象ですが、中には赤茶色でサビのような色が出るケースもあります。これは、水道管に鉄サビが発生して流れ出てきた事から起こりうる現象です。たとえば長期間家を空けていたことにより長期間水道を使おらず、凍結させたケースで見られることがあります。給水管が老朽化することでサビが出てくるケースでは給水管を交換する必要があるでしょう。

赤茶色に濁っているケースでも冒頭のように水を一定時間流し続けているという状態であれば、まだサビができてからの初期段階になりますが、常に水道を流すと赤茶色の水が出てくるというケースでは飲用を控えて水道業者に連絡することをおすすめします。

特にサビを含んだ赤茶色の水は鉄の味がして、苦みが感じられることもありますのでおいしく飲用することもできません。一時しのぎの対策として浄水器などを用いればサビの不純物も取り除いて飲用することはできますが、汚れた水であればあるほどカートリッジを交換しなければならなくなる頻度が高くなります。水が赤いままでは気分も良いものではありませんし、できればすぐに対処してもらうようにしましょう。

洗面所で起きるその他の気になるトラブル

洗面所では濁り水の外にもさまざまなトラブルが起こります。たとえばうっかりピアスやイヤリング、ネックレスなどのアクセサリーやゴミを落としてしまったりしてつまりを起こす可能性もあります。

排水管の奥の方まで進んでいない状態であれば自分自身で取り除く事も可能です。排水口から覗いて目視できる状態であれば、ゴム手袋をして手やピンセットなどで取り除きましょう。また、目視で確認できない場合は、排水パイプのトラップの部分で詰まっている可能性もあります。洗面台の収納部分を開けて、バケツを用意しましょう。パイプは恐らく下水の臭いが上がってこないようにするためにU字かS字にカーブしているはずです。このカーブ部分に水が溜まっているので水が受けられるように真下にバケツを用意し、パイプを外すと溜まった水と共につまっていた固形物が落ちてくる可能性が高いです。

それでも出てこない場合は排水管の奥に詰まっている可能性があります。大きなゴミであれば業者に対応してもらいましょう。そのまま奥に入っていくと詰まりを促進してしまう恐れがあるためです。

この他にも洗面台からの悪臭トラブルもあります。

悪臭トラブルは日頃の掃除を怠っていることで、雑菌やカビが排水口や排水管で発生し異臭につながっています。重曹やクエン酸などを使って定期的に排水溝の清掃をすると良いでしょう。

洗面所の排水口に重曹とクエン酸を1対2位の割合で振りかけて、少量の水道水を流すと二酸化炭素の泡が発生します。この泡によって雑菌やカビをきれいにする事ができます。20分放置したらあらためて水道水かお湯を流し続けるだけ簡単ステップで排水溝の清掃が可能です。ぜひお試しください。

洗面所の詰まりなど水廻りトラブルならくまもと水道職人

くまもと水道職人では、熊本市、八代市、人吉市など熊本県内全域における水廻りトラブルの解消に日々対応しております。洗面所やキッチン、トイレなどの詰まりや水漏れトラブルでお困りになったことはございませんか。どこの業者に連絡して良いかわからないという時は、24時間365日年中無休で電話を受け付けております当店までお気軽にお電話ください。

対応が必要な際はスピーディーに駆け付け、原因を特定し無料でお見積もりを提示いたします。もちろん作業内容、費用に納得いただいた上で作業を進めてまいりますので、お気軽にご依頼ください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315