【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » トイレのタンクのチョロチョロ音、原因と対処法とは?

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのタンクのチョロチョロ音、原因と対処法とは?

2021年06月17日 トイレのトラブル


レバーを引いていないのに水がチョロチョロという流水音がする、もしくはタンクの上部から水が溢れている場合、トイレのタンク内になんらかの異変が起こり、水漏れの発生している可能性があります。少量の水漏れだからと対処を先送りにすると、水道料金が通常の倍以上に跳ね上がり、床下浸水など二次災害のリスクが高くなります。なるべく早く原因を究明してトラブルを改善しましょう。

タンク内の排水の仕組み

トイレのタンク内には一定数水が溜められており、そこに白い球状の浮き球がぷかぷかと浮いています。その浮き球にボールタップという装置が接続されており、給水管と止水管をつなぐ役割を担っているのです。タンク内の水位の変動に伴い浮き球の位置も上下し、それと同時にボールタップが機能し給水を開始もしくは停止します。

また、レバーを回すことでフロートバルブというゴム玉が排水口の入り口を開けたりふさいだりすることで水の流れを調整しているのです。また、タンク内の水位が正常か図るために通常時の水位が線で記されているオーバーフロー管と呼ばれる部品も存在し、同時にタンク内の水を排水する役目も担っています。タンク内のトラブルは、これらのいずれかの部品に異常が発生するために起こるケースがあります。

チョロチョロという水漏れ

水漏れの原因を特定する前に、まず止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めてタンクの蓋を開けたら、まずはオーバーフロー管を見て水位を確認してください。

記されているラインより水位が低い場合はフロートバルブに原因があり、高い場合はボールタップに原因があることが多いです。水位を確認しトラブルの箇所を特定したら、レバーを回してタンク内の水を空にしてから点検や作業を始めてください

1.フロートバルブ
まずはチェーン部分を確認してください。何らかの原因でチェーンが絡まるなどのトラブルがあったために、排水口の開閉がうまくいかずに水漏れにつながっているケースもあります。チェーンに問題がない場合、ゴムフロートに異物が絡まり、経年劣化により破損している可能性があるのです。

異物がある場合は取り除けば通常通り作用するようになりますが、ゴム素材が消耗して破損などが見られる場合は交換する必要があります。メーカーやホームセンターなどで購入することは可能なので使われているゴムフロートの型を確認し新しいものを用意してから、チェーンから外し交換してください。

2.ボールタップ
まず、浮き球を手で持ち上げてみてください。水が止まるようなら浮き球に原因があり、止まらないようならボールタップに原因があることになります。前者の場合、浮き球に穴が空くなどの破損から給水管から過剰に給水されている可能性があり、浮き球のみを交換すれば水漏れの症状は改善するでしょう。

ボールタップに問題がある場合は、ボールタップ自体を交換する必要があります。メーカーで同品番のものを購入するのが理想的ですが、廃番になっている場合は、給水管の位置やボールタップの有無を確認し、互換可能なものかを確認してから購入しましょう。どちらの場合も代替品が用意できればモンキーレンチなどを用いて比較的簡単に交換作業は可能です。

3.レバーハンドルの劣化
レバーハンドル本体が正常に作用せず水が流れ続けている可能性もあります。原因としてはサビや腐食などの経年劣化による動作不良が挙げられます。除去可能な汚れであれば塩素系の洗剤などで洗浄し、激しい損傷が見られる場合はレバーハンドルの交換をしましょう。

タンク上部からの水漏れ

タンクの上から水が溢れている場合は、前述したようなボールタップや浮き球のトラブルがあるか、そうでなければオーバーフロー管に詰まり排水がスムーズに行われていない可能性があります。オーバーフロー管の汚れや詰まりがひどいようなら、一旦取り出して塩素系の漂白剤や洗剤を用いて洗浄しましょう。30分ほど漬け置きで汚れはきれいに落ちます。

サビなどの老朽化が著しいようなら交換も視野に入れましょう。また、どちらにも問題がない場合は、ボールタップ内部のピストンバルブという部品に問題がある可能性があります。サビやヒビ割れなど老朽化が目立つようなら分解をして交換しましょう。

タンクレストイレの水が止まらない場合

すっきりとした見た目とお手入れの楽さで人気があり、比較的築年数の浅い住宅で用いられることの多いタンクレストイレは、従来のトイレと異なり水道の水圧を利用して排水しています。便器内の水が止まらない場合は、トイレ内部の電子基板もしくは給水管もしくは排水管に異常がある場合が多く、どちらの場合も個人での修理は難しくメーカーや水道修理業者での対応が必要です。

トイレタンクからの水漏れはくまもと水道職人までご連絡ください

くまもと水道職人は熊本市、八代市、天草市、玉名市、宇城市など熊本県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にくまもと水道職人までお問い合わせください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315