【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » トイレの便器が臭い?トイレが臭い場合の原因と対処方法を解説

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの便器が臭い?トイレが臭い場合の原因と対処方法を解説

2021年08月04日 トイレのトラブル


臭いトイレの原因は?

トイレに入ると、どこからともなくイヤ臭いがすることがあります。
トイレが臭うときの原因はどこにあるのでしょうか。

・排泄物が原因
トイレに排泄物があるのは当たり前ですが、この排泄物がきちんと流れていないと臭いの原因となります。
もちろん、トイレを使った後は流していますが、排泄物が、便器の裏や溝などについたままになっていると当然、臭いの元になるのです。
また、排泄物のガスが、臭いの原因となることもあります。

・アンモニアが原因
尿に含まれているアンモニアも臭いの原因です。
尿は、すぐに臭うことはありませんが、少し時間が経つと雑菌が繁殖して尿が分解されます。
その過程でアンモニアが発生し、臭うようになるのです。
尿は、意外とあちらこちらに飛び散るので、便器以外のところからアンモニア臭がすることもあります。

・こびり付いたら大変な尿石が原因
尿をそのままにしておくとアンモニアだけでなく、尿石になります。
尿石とは、尿に含まれているカルシウムが石化したもので、雑菌の温床です。
雑菌が増えると、さらに尿石が増大し、臭いがひどくなる悪循環に陥ります。
また、尿石は一度こびり付くと、なかなか取れないので、掃除が大変です。

・水回りに発生したカビが原因
カビは、トイレの排水管だけでなく、タンク内や便器の溝、換気扇など普段、目に付きにくいところにも発生します。
トイレの中が臭いのに、どこが臭うのかわからないときは、目に付きにくいところに黒カビが大量発生している可能性もあります。

また、カビは、臭いだけでなくアレルギーや感染症を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

・つまりや水漏れが原因
トイレで下水の臭いがする場合は、封水の水が少なくなって下水からの臭いをシャットアウトできなくなっているのかもしれません。
封水の水不足は、長時間水を使っていないと起こる現象ですが、何も理由がないのに下水臭がする場合は、排水管のつまりや水漏れが考えられます。


場所別トイレが臭う場合の対処法

では、トイレの臭う場所によって違う対処法を解説します。

・天井や壁が臭い
トイレの壁や天井からアンモニア臭がする場合は、ドラッグストアやホームセンターで売られているアンモニア臭の消臭スプレーを使うのが一番早い解消法です。
しかし、製品によって使える壁紙の種類があるので、トイレの壁紙を確認しておくことが大切です。

また、壁紙は、飛び散った尿が染み付いてしまうと臭いが取れにくいので、こまめに掃除をするようにしましょう。

普段のトイレ掃除のときに、床だけでなく、壁も掃除用のシートで拭き取るだけでも大丈夫です。
特に、腰から下の位置の壁紙は、尿がついている可能性が高いので念入りに拭きます。
アルカリ性のアンモニア臭を消すには、クエン酸スプレーも効果的です。

・便座の裏や接合部分が臭い
便座の裏や便器の接合部分、ウォッシュレット部分が臭い場合は、尿や便がこびり付いていることも考えられます。

特に尿は、目に見えない細かいしぶきがそのまま付着していることもあるので、尿石化する前に酸性の洗剤を使って掃除をしましょう。
便座の裏や溝に汚れがこびり付くと、汚れも臭いも取れにくくなるので、こまめな掃除が大切です。

また、掃除がしやすい便器もたくさんあるので、掃除のストレスを考えられれば、思い切って便器を交換するのも良いかもしれません。

・便器と床の接合部分が臭い
便器と床の接合部分には、どうしても隙間ができてしまいます。
この隙間に尿などの汚れが入り込んでしまうと、臭いの元となるのでしっかりと掃除をすることが大切です。

しかし、隙間から水が漏れて臭うような場合は、掃除だけでは解決しません。
水漏れは、排水管などのトラブルの可能性があるので、専門の修理業者に確認してもらうと良いでしょう。

・トイレタンクの中が臭い
トイレタンクの中が臭い場合は、カビが増殖している可能性があります。
まず、トイレタンクの中を見てカビが発生しているようであれば、掃除用の中性洗剤をかけて歯ブラシなどでこすり洗いをすると良いでしょう。

トイレタンク内は、常に水があるのでカビが発生しやすくなっています。
そのため、定期的に掃除をすることが大切です。

・どこからともなく臭い
トイレの中が臭いのに、元となる場所がわからない場合や、原因不明で封水の水量が下がっているようであれば、早めに修理業者に見てもらうことをおすすめします。
もし、臭いの元が下水の逆流や排水管の詰まりなどにある場合は、放置しておくと被害が大きくなります。
臭いだけでなく水漏れまであると、床材が腐敗するなど大変なことになるかもしれません。
 

トイレの修理や交換が必要な場合は?

トイレの臭いの原因がわからない場合や配管の破損などで自分では手に負えないときは、専門の修理業者に相談することが大切です。

しかし、修理業者によっては、「後から高額な料金を請求された」「直ったといっていたが、まだ臭い」などのトラブルが起こることもあります。
そのため、慎重に業者を選ぶようにしましょう。
修理業者を選ぶときのポイントは以下のとおりです。

・最低でも3社から見積もりを取り、料金相場を確認しておく
・見積もりは無料で行うところを選ぶ
・修理代金以外に料金がかかる場合は、トータル金額を確認しておく
・修理業者の評判を調べておく
・地域の水道局から指定を受けている修理業者を選ぶ


トイレの臭いでお困りの際はくまもと水道職人へ

熊本県内で、トイレの臭いや水回りでお困りの際は、水道局の指定業者であるくまもと水道職人へお電話ください。

くまもと水道職人は、熊本市や合志市、天草市、荒尾市、玉名市など熊本県全域で水回りの修理を行うプロ集団です。
施工実績多数で経験豊富なスタッフがお客様のもとに駆け付け、迅速に対応します。


熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315