【水道局指定工事店】熊本のトイレつまり・水漏れ修理なら「くまもと水道職人」 » トイレタンクからの水漏れは自分で直せる!DIY方法

熊本 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレタンクからの水漏れは自分で直せる!DIY方法

2021年09月11日 トイレの直し方


トイレタンクからの水漏れ。その原因となる部品を紹介

便器に流れる水が少量ではあるが止まらないといった場合、トイレタンクの水漏れを起こしている可能性があります。その原因は主にタンク内にある部品の経年による劣化、または故障です。各部品について調べる前に止水栓を閉めるか、水道の元栓を閉めて、これ以上水が流れないようにしてから作業するようにしましょう。

トイレタンクの蓋を開けてみてください。タンクの中には3つの部品が入っています。給水管とつながっている、管のようなものが確認できると思います。結合部分にある部品は、給水管からタンクへの給水量を調節している「ボールタップ」です。ボールタップには、種類によって異なりますが、浮き玉というものが付属しています。この浮き玉によって、給水量を調整しているのです。

また、黒い阪半球のようなものがチェーンでつながれています。この半球は、タンクから便器への水量を調節している「フロートバルブ」と言い、ゴムでできているのが特徴です。トイレのレバーとつながっており、レバーを操作すると、栓が外れタンク内の水が流れるという仕組みになっています。

ボールタップの本体につながる管の先に棒のようなものが見えます。これは「オーバーフロー管」と言い、水が溢れることを防ぐものです。トイレのタンクの中にある水が多いのか少ないのかを確認する際には、オーバーフロー管を参考にしましょう。

標準的な水量は、オーバーフロー管にある黒い線の部分にかかる量になります。それよりも多い場合や、少ない場合には、何らかの異常がある可能性が考えられるため、修理をする上での参考にしてみてください。水位を確認したら、蓋を閉じレバーを引いてタンク内の水を空にして、作業開始です。

DIY方法は、タンク内の水位によって異なるので注意!

オーバーフロー管で、タンク内の水位が確認できたら、その原因に合わせて処置をしていきましょう。

・標準的な水量よりも水位が低い場合
この場合、フロートバルブが原因と考えられます。まず、フロートバルブについているチェーンを確認してください。チェーンが絡まっていたり他の部品に引っかかってしまったりしていると、栓の役割を果たしているゴム部分が持ち上がってしまい、その役割を果たすことができません。タンクの栓ができていない状態になってしまい、便器内にチョロチョロと少量の水が流れ続けてしまうのです。絡まっている部分をほどきましょう。

しかし、チェーンがちぎれてしまっている場合には交換する必要があります。フロートバルブは、ホームセンターやインターネットで購入可能ですが、トイレの種類によって異なるため、購入の際にはよく確認してください。鎖だけでの交換も可能ですが、長い目で見ると、ボールタップごと交換することをおすすめします。ゴム部分に異常がある場合は、ゴム玉自体が経年によって劣化しているので交換してください。

交換方法は、次のとおりです。タンク内の水を抜き、手洗い管を外して蓋を開け、トイレのレバーとフロートバルブをつないでいるチェーンを外しましょう。チェーンはタンクの底に落とした状態で、オーバーフロー管から、フロートバルブを取り外してください。新しいものと付け替えたら、もとに戻し、動作確認をして完了です。

・標準的な水量よりも水位が高い場合
この場合、ボールタップの異常が原因と考えられます。ボールタップの寿命は15年程度と言われますが、短いものであると10年も持たないそうです。故障の可能性がある場合には、次の方法で確認してみましょう。

タンク内の水を流し切る前に、浮き玉を持ち上げてみてください。浮玉を持ち上げて、便器内に流れる水が止まればボールタップ本体に問題はありませんが、浮き玉の異常の可能性があります。また、浮き玉を持ち上げてもずっと水が漏れている場合は本体が劣化してしまっているかもしれません。フロートバルブ同様、トイレの種類によって形が異なるため、新しいものを購入する際には、注意しましょう。

交換方法を確認していきましょう。タンク内の水を抜いた後、タンク外にある給水管に取り付けられている、ナットを取り外します。小さいナットと少し大きなナットがついていると思うので、レンチを使って取り外してください。ナットを取り外し、ボールタップを少し引っ張ると簡単に取り外すことができます。

古いボールタップを取り外したら、新しいものを取り付けましょう。浮き玉の不良などが確認された場合など、部分的に交換したい方も多いと思います。本体同様、ホームセンターなどで購入が可能なので、品番を確認して購入しましょう。その場合は、本体部分を取り外した状態で各部品の交換をするようにしてください。元の状態に戻して、動作確認が完了したら終了です。

いろいろ調べたけどわからないときは専門業者に頼ろう

自分で修理しようと思ったが難しい、修理したけど直らないという場合には専門の業者に素直に頼りましょう。くまもと水道職人は、熊本市、宇城市、合志市、玉名市、荒尾市、山鹿市など、熊本県のさまざまな地域へ出張する水道修理業者です。

24時間受付、お電話1本いただければ、スピーディーに現場へ駆け付けます。事前お見積もりは無料、お客さまのご同意をいただくまで作業を開始することはありません。水回りのトラブルやお悩みがあればぜひお気軽にお電話ください。

熊本のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「くまもと水道職人(熊本水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315

くまもと水道職人(熊本水道職人) 0120-492-315